ガールズコラム

待ちぼうけはもうイヤ!彼の遅刻癖を改善させる方法

遅刻癖ってなかなか治らないもの。
デートのたびに彼に毎回待たされていて、イライラしている女性もいるのではないでしょうか?

そこで今回は「彼の遅刻癖を改善させる方法」について、20代女性にリサーチしてみました。





■1.「遅れたら帰る」と忠告する
「彼の遅刻が続いたので、『1分でも遅れたら帰るから』と忠告しておいた。さすがに彼もヤバいと思ったのか、5分前には待ち合わせ場所に来てくれました」(22歳/大学生)

本気で彼の遅刻癖を直したいのなら、優しさを見せないことが重要です。「ちょっとぐらい遅れても謝れば良いや」という彼の甘えを許さず、きっぱりと「遅刻するなら私先に帰っちゃうね」と彼に伝えておきましょう。そうすることで彼もヤバいと感じ、少しは時間を気にするようになるかもしれませんよ。


■2.逆算した時間を出しておく
「私は『12時待ち合わせだから、11時20分の電車に乗ってね』などと言って、時間を逆算して彼に教えています。電車の時刻表もスクショで送るようになってから、けっこう遅刻が減りましたね」(25歳/営業)

ちょっと過保護なお母さんっぽいやり方ですが、彼女がここまで自分のために調べてくれたら、彼も遅刻は悪いことなのだと気がついてくれそう。この方法に加えて、朝もしっかりモーニングコールをすれば、きっと彼の遅刻も大幅に減るはずですよ。


■3.本気で「寂しい」と訴える
「あまりにも彼の遅刻が多いので、半泣きで『すごく寂しい』と言ってみました。そしたら彼も反省してくれて、次からは時間通り来てくれるようになりましたよ」(21歳/大学生)

ずっと楽しみにしていたデートなのに、彼が遅刻(それも毎回)していたら、そりゃ寂しさもピークに達しますよね。「私ばかり彼のことが好きなのかな…?」と悩んでしまうと思います。ストレスをため込まないためにも、素直に「遅刻は大切に思われていない気がして寂しい」と情に訴えてみましょう。彼が本気であなたを想ってくれているなら、きっと心を入れ替えてくれるはずですよ。


■4.わざと遅れていく
「彼はいつも10分ぐらいの、怒るに怒れない微妙な遅刻をしてくる。なのであえて私が15分遅刻をして、『ごめん!めちゃくちゃ待たせたよね!』とオーバー気味に謝ってみた。そしたら彼も遅刻はダメなことだと気づいたっぽくて、それ以来早めに来てくれるようになりました」(26歳/経理)

「彼は遅刻常習犯で、私が何度怒っても改善せず…。頭に来たので2時間遅刻してやりました(笑)。『これで待たされる方の気持ちがわかった?』と言ったら、彼も反省してくれたみたい」(23歳/飲食)

「目には目を」ではありませんが、彼の遅刻があまりにもひどいのであれば、軽く自分と同じ気持ちを味わせるのも方法でしょう。彼も遅刻される立場になってみて、はじめて「時間通りに動けないのってこんなにイライラするんだ…」と気がついてくれるかもしれません。
ただし何回も“わざと遅刻していく作戦”を取っていると、彼にウンザリされてしまうので、この方法はどうしてもという時までとっておきましょう。


■おわりに
遅刻ばかりされているとイラッと来ますが、でもそれだけの理由で大好きな彼との別れに踏みきれる女性も少ないでしょう。まずはこれらの方法を試して、彼の遅刻が緩和されないかチェックしてみましょう。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●恋がうまくいく鉄則!「追われる恋」ができる女子のテクニックとは
●突っ走りすぎるのは危険!「恋愛下手」女子がやりがちな行動
●このまま一生おひとり様!?可愛いのにモテない「がっかり女子」の特徴
●彼が離れられなくなる!一緒にいても飽きない彼女って?
●男子が考える「初対面でこれが見えちゃうような子はちょっと……」