ガールズコラム

「いい女」の定義。男性にとっては「都合の良い女」であることが多い理由

こんにちは、沙木貴咲です。“いい女”って憧れますよね。大人の女性の魅力があるというか、モテそうというか。

けれど、その定義は男女で微妙に違ってくるんです。男性目線の“いい女”を目指すと、プライドのない都合の良い女になってしまうかもしれません。





■男性はセクシーさを重視
男性にとって“いい女”とは、色気がありセクシーアピールの強い女性であることが多いんです。
メリハリのあるボディ、バストやヒップが目立つファッション、良い香り、ねっとりした視線……そうした一瞬で目を引く女性に対して、男性は本能的に「おっ!いい女」と感じるでしょう。

また、セックスのハードルが低いとか、甘え上手、あまり多くを詮索してこない、ほうっておいても文句を言わないといったことも、男性からすると“いい女”の条件に入ります。
男性の「エッチしよ」の誘いに気軽に乗り、かわいらしく甘えるものの彼のプライベートには突っ込まず、デートを頻繁にしなくても怒らない女性……完全にセフレですよね。

もちろん、「多くを詮索しない=束縛しない」、「ほうっておいても文句を言わない=彼氏に依存しない」と捉えれば、納得できないわけでもないのですが。
それでも、女性からするとずいぶん都合の良い話だと思います。


■女性は「カッコいい女でありたい」
多くの女性にとって、“いい女”とは凛とした雰囲気を漂わせる、自立した人というイメージがあるようです。

実際に、ファッション誌などでは“いい女”の条件として、人間性の高さ、姿勢の良さ、洗練された上質な持ち物を持つ、といったことが挙げられます。服装から私生活まで、すべてが注目されるべき存在と定義される場合が多いでしょう。

また、「かわいいだけじゃダメ」「しっかりした自分を持って、媚びない」という点も、女性目線のポイント。男性が主張する、セックスへのハードルの低さなど論点にもならないのです。


■オトコ受けが良い=都合の良い女
もし、男性目線の“いい女”になったら、確かにオトコ受けが良くなり、デートやエッチのお誘いも増えるはず。
けれどそれは、一夜限りのセックスのお相手やセフレとして求められるだけで、本命彼女に見られていない可能性が高いんです。
「私、モテてる!」と喜ぶのも束の間、悲しい恋ばかり経験してしまうかもしれません。

もちろん、男性が好みやすい女性のタイプを知り、そこに自分を寄せていくのも大切なのですが……それがすべてと思い込むのはキケンでしょう。
女性としてのプライドを絶対に忘れないでください。また、そのあたりのさじ加減が上手な人ほど、本当の意味でモテるはず。本命彼女に見られやすくなるんです。


■さいごに
今は、スマホで検索すれば、ためになる恋テクがたくさん読めます。
その中には当然、有益な内容もあるのですが、「男性目線で女性を“都合のいい女”にしてしまう情報」も少なくありません。

何を信じて実行するかは、自分次第。だからこそ、本当に恋に効くデータを見極めて、真の“いい女”になってくださいね!(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●フラれる予感!?「彼が冷めてきた」ときこそ、ちゃんと思いを伝えよう
●彼氏がダサい…!ファッションセンスがない彼をオシャレにする方法
●自分を大切にしてくれる人かどうかではなく、自分が大切にしたい人かどうかで判断せよ
●ふたりなら、もっと楽しい。先輩カップルに聞いた「同棲生活を楽しく過ごすコツ」
●「都合のいい女」じゃない、一緒にいて成長できる女って?

あなたにおすすめ