ガールズコラム

「人見知りなんだよね」申告よりも、仲良くなりたいアピールのほうが良い!

相手が男女問わず、初対面の人にたいして、「私、人見知りなんです……」と言ってしまう女性っていませんか?もしかしたらそこから話が広がったり、あちらから話を振ってくれて、仲良くなれることもあるでしょう。でもその一言がかえって今後の自分の言動を狭めたり、相手に負担をかけていることもあるかもしれませんよ。





■「人見知り申告」は何の利益も生まない!?
自分から「人見知りなんだ」と申告する心理としては、「別に喋らないからって怒っているんじゃないよ」とか「話すのが苦手だから、そっちから話しかけてくれたら嬉しいな」ってことなのだと思います。「全然喋らなくてつまらない奴」と思われないための、予防線を張っているのでしょう。

でも実際に「人見知りなんだ」と言われたほうとしては、どのような気持ちになるでしょうか。もしかしたらあなたの考えと反して、「これって話しかけるなって意味なのかな?」「え……全部受け身でこっちに投げやり?」と、すこし面倒に思ってしまうかもしれません。

またこの「人見知り申告問題」は、色んなところで話題に取り上げられています。あの星野源さんも雑誌『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)内で、「『人見知りなんです』と自分のことを説明していることにふと恥ずかしさを覚えた」「それまで、相手に好かれたい、嫌われたくないという想いが強すぎて、コミュニケーションをとることを放棄していた。コミュニケーションに失敗し、そこで人間関係を学び、成長する努力を怠っていた」と語っています。

これはたしかに頷ける部分がありますよね。私たちは「人見知り」を盾にして、逃げている部分があったのかもしれません。


■「仲良くなりたい」という意欲を伝えよう
また人見知りの人って、「仲良くなれば(自分のことを)よく喋るんだけどね~」とも言いがち。でも一般的に考えて、はじめから長年連れ添った恋人や親友相手のように話せる人なんていませんよね。まずは相手の反応を探って、当たり障りのない会話をするのが当然でしょう。それに初対面時って、話の面白さよりも「どれだけ相手と仲良くなりたいか」という気持ちが大事。

だからこそとりあえず相手の趣味を聞いてみるだとか、好きな食べ物の話をしてみるとか、そんな無難な会話でOK。その「とりあえずあなたと話したい(仲良くなりたい)んです!」という気持ちが伝われば、相手も悪い気はしないはずです。今後のことを考えると、その場しのぎの「人見知り」という言葉を使って守りに入るより、よっぽど自分のためになるかもしれませんよ。


■おわりに
もちろん本当に人と話すのが苦手で、人見知りな女性もたくさんいるでしょう。
でも最初から「人見知り」という言葉に頼ってしまうと、相手に負担をかけてしまい、対等な関係を築けなくなるかもしれません。

たとえコミュニケーションに失敗したとしても、そこから学べることはたくさんあるはず。
ちょっとだけ勇気を出して、「今日は自分から話しかけてみよう!」と思うことが未来を変えるきっかけになるのかもしれませんね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●「彼との相性が最悪だった」そんな占い結果に振り回されていませんか?
●お世辞?本気?彼の言う「かわいいね」に隠された本音とは
●もう好きじゃないのに…つい元彼のSNSを見ちゃう、その理由
●「彼、こういうのが好きだから」そんな理由で服をえらぶ女の子へ
●「彼氏への依存」がやめられない女子が本当にすべきことって?

あなたにおすすめ