ガールズコラム

彼の好きにしてほしいから、「なんでもいい」。そう答えているあなた、キケンです!

こんにちは。沙木貴咲です。彼氏と食事に行く時、食べたいものはないかと訊かれて、「なんでもいい」と答えていませんか?

初デートは男性も頑張りたいでしょうから、お任せでもいいかもしれませんが、二度目・三度目のデートでも同じように言うのはキケンです。

たとえあなたが、「彼氏の食べたいものに合わせる」と気を遣ったつもりでも、彼はウンザリしている可能性があるんです。





■彼の本音「丸投げしないで」
「何食べる?」と聞いてくれる彼氏は、彼女の気持ちを大事にしたいという気遣いの人であると同時に、一人で決めるのが面倒だとも思っています。

これが、自己主張が強く彼女を自分の意志に沿わせるタイプの男性であれば、そもそも「何食べる?」とは聞いてきません。何も訊かずにお店に入るか、「俺は肉が食べたい」などと宣言するかのどちらかでしょう。

そのため、意思確認をしてくれる彼氏に対しては、何かしら意見を述べた方が良いんです。
お店まで指定しなくても、「イタリアンがいい」「焼肉はちょっと重い」と自分の希望を伝えて、彼の負担を軽くしてあげてください。

「何食べたい?」という彼氏の質問は、つまりヘルプを求めているんです。食べることにあまり執着しないタイプは特に、デートでのお店選びを面倒くさく感じるはずなので、「なんでもいい」とは答えない方が良いでしょう。


■「彼の好きにさせてあげる」は愛じゃない
女性の中には、彼の好きなようにさせてあげたいという尽くしタイプもいます。恋をすると彼氏の色に染まりやすく、ファッションやメイク、聴く音楽、行くお店などが変わる……という風に。

でも、彼の好きにさせてあげることで、あなたが我慢をしたり、意見を言わないようになるのは、あまり良くないんです。

対等とはいえない偏った関係性ができ上がったり、彼女がちょっとでも彼の予想からそれると彼の気持ちが萎えたり、彼に依存したりと、不健全な恋になりがちです。

「なんでもいい(アナタの好きにしていいよ)」は、彼を本当に好きであれば、言うべきではないでしょう。


■「なんでもいい」にキレる彼氏もいる
彼女に「何食べたい?」と聞いて、「なんでもいい」と答えられた時、静かに怒りを湧き上がらせる男性もいます。
キレてしまう男性の心理としては……「それって、俺を試してるの?ていうか、『なんでもいい』って何様のつもり?」でしょうか。

彼氏が、女性をもてなすことに慣れている、あるいは自分がリードする側だと認識している男性なら大丈夫でしょうが、
同世代カップルや彼氏が年下というカップルは、どちらが関係の主導権を握るわけでもなく、対等な関係を築きやすいはず。

彼氏としては食事の場所を一緒に考えてほしいし、お店選びの手間をできるだけ省きたいんです。それを放棄して「なんでもいい」と言う彼女は、彼の目に怠慢、傲慢と映ってしまうのでしょう。


■彼氏は、あなたの意見を待っている
良い恋愛とは、良い意味で摩擦がたくさんある関係です。
彼女が彼氏に合わせてばかりだったり、主張をしなかったりすると摩擦は生まれず、恋はいずれどこかで破たんしてしまうはず。

意見を言った方がいいのは、食べたいものだけではありません。自分がどうしたいのか、何が好きか、主張はドンドンした方が良いんです。そうして彼氏と心を交わしていく中で、お互いに居心地の良いステキな関係が築かれていくでしょう。(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●「私より少しハイレベル」な男子と付き合うには「ちょい背伸び」がコツ
●彼氏がいないからこそできる「素敵な恋」の秘訣
●彼氏に求めるのはルックスや収入?どうせ条件で選ぶなら、注目すべきはここ!
●追いかける恋愛から抜け出すマジックワードは「疲れた」です
● 年齢=中身なのか?女性がかかりやすい「年上かっこいい症候群」に注意!

あなたにおすすめ