ガールズコラム

遠距離恋愛でうまくいくカップルと別れちゃうカップルのちがい

好きな相手とたくさん一緒にいたいのは当然のこと。それなのに、それが物理的に難しい遠距離恋愛。そりゃあ悩みも多いでしょうし、別れちゃうことも多いでしょう。

けれども、遠距離でも仲良く付き合っているカップルがいるのも事実。
うまくいくカップルとすぐに別れちゃうカップルの違いはどこにあるのでしょう。





■「共有するか」or「干渉するか」の違い
距離が離れていて相手の生活が見えない&会えない状況なのですから連絡はマスト。

ガツガツしてると思われちゃうかな?と連絡を控えれば彼とあなたの接点はなくなり、お互いの生活の中にお互いが入れず、距離は離れていく一方です。そのうち、いてもいなくても同じ存在になって自然消滅なんていうことにもなりかねません。

恋人は心の距離が一番近い存在。相手の現状を常に理解し、いつでも手を差し伸べられる間柄でいるためにも連絡はまめに取り合うことは必要です。たまに会えた時にも久しぶりな感じがせず、違和感なくラブラブでいられるというカップルはこのまめな連絡ができているからなのでしょう。

でも、そんなに連絡をしたら「束縛や干渉」ととられ、相手からうざがられるのでは?そんな疑問を持つ女子も多いと思いますが、連絡をとることがそのまま束縛・干渉になるわけではありません。
「連絡」は相手とのコミュニケーションですから、お互いを知り、理解し合うためのもの。人間関係や飲み会の様子を聞いたりしたとしても縛るためでなく、彼の環境や思いを共有するためです。

一方、「束縛」は相手の状況を把握した上で、自分の意のままに操ろうとすること。「女性がいる飲み会はだめ」「土日は予定を入れないで!」など彼の行動を制限することです。離れていると不安になるし、相手に構ってほしいからといろいろ口に出したくなるでしょう。

けれども離れているからこそ、この束縛は致命的なものになってしまうのです。
遠距離恋愛は物理的に距離が離れていて一緒にいられないからこそ、お互いがいない状況での実生活を楽しみ充実させないと、不満やストレスが生じてきてしまうのです。浮気などはもちろんいけません。けれどもただ、女性がいるからという理由だけで飲み会を禁止してしまえば、彼はその日飲みたい気分なのに家に帰らなくてはなりません。帰ってもあなたがいたり、一緒にデートしてくれればまだしも、家でひとりカップラーメンをすする羽目になればつまらないでしょう。

土日だって、あなたと会えるのならほかの予定は入れないでしょうが、暇をするくらいなら楽しめる予定を入れたいと思うのは当然。なんとなく寂しいからとか連絡がとれにくくなるのが嫌だとかそんな理由で束縛し合ってしまうと、そのうち自分の行動を制限する恋人の存在が邪魔になってきてしまいます。毎日の生活を充実させるために、別れを選ぶ…そんな結末になってしまうカップルは少なくないのです。


■「会いたい!」or「寂しいつらい!」の違い
好きな人と「会いたい!」のは当たり前。それが叶わなければ「寂しいつらい!」も当たり前。
どちらも当たり前ですが、どちらを相手に表現するかが円満か破局かの分かれ道だったりするのです。

恋人同士の最大欲求「いつも一緒にいたい」が叶わない遠距離恋愛につきものな寂しい、つらい、不安、悲しい…。それをだだもれにしたらお互い暗くなる一方。口に出したからといってそばにいられるわけでもない、解決の方法もないので、ただただネガティブな会話の繰り返しになるだけです。当選、ふたりにとってマイナスです。

でも「会いたい!」のは「好き」というポジティブな感情ゆえのものだと意識することで風向きは変わるはず。遠くに離れていても付き合いたいと思えるような本当の愛に出会えたんだ!とか次のデートが毎日を頑張るエネルギーになる!と前向きに考えることで、2人の関係がより良いものになっていくのです。「会いたいから頑張ろう!」と励まし合える2人なら、会えない日々の苦痛より会えた時の幸せに重きをおいて幸せな付き合いを続けていけるのです。


■「会いに行く」「会いに来て」のバランス
遠距離恋愛はどこで会うのかも結構なポイント。どちらかが会いに行ってばかり…となるとやはり会いに行く側は負担になる場合が多いようです。
実は新幹線代がきつい…、仕事の疲れが残ったまま月曜日を迎えるのがつらい…、などの意見は多数。自分が会いたいからどこまででもいく!というモチベーションではじまったとしても、無理は長くは続きません。不公平を感じてしまうようになると徐々に会う頻度が少なくなり破局を迎えてしまいます。
彼が会いに来てくれてるからいいや…と問題視せずに甘えている人は一度、彼に聞いてみてもいいのかも。交通費だけ割り勘するとか、来てくれた時はご飯はおごる、途中まで車で送り迎えするなど、お互いに負担を振り分けた方が不満なく長続きするでしょう。


■近距離になる見通しがあるかないか
遠距離恋愛を楽しんでいるカップルは大勢いますが、永遠に楽しめるかといえばそれは否。
好きなら一緒にいたいというのが基本ですから、一緒にいられるる見通しがあるかないかは2人のモチベーションを大きく左右します。

将来、一緒にいられる方法はあるのか、いつになれば近くにいることができるのかは、しっかり話し合うべき。

ずっと離れ離れの状態ということは結婚という選択肢が難しいということ。それなら今寂しい思いと戦っていることに意味はあるのか?と別れを選択する人も少なくないはずです。

将来の話を出すと重い…と躊躇する人もいると思いますが、今を無駄にしないためにも、彼と自分の現状から将来について一緒に考えてみてはいかがでしょう。
「結婚するなら会社を辞めて、彼のところに行ってもいい」あなたがそう覚悟しているのなら、彼は今すぐにプロポーズするかも。
あなたが一生地元から離れられない事情があるのなら、彼は転職を考えてくれるかも…。
話してみなければ続ける方法も続けようとする強い意志も生まれません。
色々な選択肢を見出して、近くにいられる方法を彼と考えてみてください。


■おわりに
そばにいられない遠距離恋愛にすれ違いやトラブルが多いのは事実…。けれども離れてでも一緒にいたいと思える熱い愛ということは間違いありません。せっかく出会えたその愛を手放すことなく、どうか末永く続きますように。彼とあなたでよく話し合い、幸せな遠距離恋愛をしてくださいね。(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●相槌だけの「聞き上手」は卒業!本当にモテるのは好奇心旺盛な女子でした
●知っておきたい「男の考え方」彼のLINEの返信がそっけない理由
●付き合ったら好きになる…?「好きじゃない人と付き合う」のはアリ?ナシ?
●【付き合ってても幸福度が低けりゃ意味ない】恋愛で痛い目にあいやすい女子の共通点
●浮気男子は2種類に分けられる!では、「浮気しにくい男性」って?

あなたにおすすめ