ガールズコラム

「愛される女子」は自然にできてる!?男がつい追いかけたくなる女子

こんにちは、美佳です。
世の中には自分からあまり動かなくても男子に愛される、いわば「追われる女子」もいます。
大好きな彼を追いかける恋愛ももちろん楽しいでしょうが、少しくらい彼に求められたくないですか?
ということで今回は、どのような女子が「追いかけられる」のかについて述べたいと思います。





■自分のことを多く語らない
自分のことを自らアレコレ話すオープンな女子もいるでしょう。裏表のない人のように感じ、友達としてはいいかもしれません。
けど、恋愛になるとオープンすぎる性格が裏目にでることもあります。

聞かれてもないのに自分のことを多く語ってしまうと、相手の「この子のことをもっと知りたい!」という知的好奇心を掻き立てることは難しいです。
だって聞かなくても自動的に情報が入ってきますからね。自分からアレコレ喋る場合、よほど魅力的な情報じゃない限り相手を惹きつけるのは難しいかと。

王道ではありますが、追いかけられる女子はやはりどこか謎めいている女子。
会う回数を重ねないと、その子のことを知れない、というレア感は相手の好奇心をそそり、追いかけたい衝動を掻き立てますよ。ただ、なんでも「秘密」にしてしまうと面倒な人になってしまうので、「聞かれたこと以外はべらべら自己開示しない」ぐらいに構えておくのがいいでしょうね。


■もらった分だけの好意を返す
追われない女子の共通点は、もらった分以上の好意を与えてしまっているということ。もちろんギブ精神はいいことなのですが、もらった分以上の好意を与えてしまってる時点であなたが追っている立場です。
追われる女子は、彼にもらった分だけの好意、もしくはちょっと少ないくらい好意を返しています。
追われる女子は自然に男子が追いたくなる距離感をとっているのです。ちょうどいい距離感というのは、男子が望む距離より「ちょっと遠い」くらいの距離。追われたいのであれば、好意をほのめかしつつも彼よりも少し熱量低めで接することですね。連絡頻度や会う頻度、デートでの会話など、随所で意識していきましょう。


■気長に待つことができる
せっかちな女子、例えば「既読にしたなら早く返信ちょうだいよ」「仕事の後でも会えるでしょ?少しは時間作ってよ」など、男子を急かすような「待てない女子」は自己チューに思われやすく、追われるどころか避けられやすいです。

追われる女子は往々にして気長に待つことができるタイプ。
相手の時間軸よりも長く時間を捉えられるタイプかと。

よくすれ違うカップルであるのが、時間の感覚のズレ。あなたは1時間返信がなかっただけでソワソワするタイプなのに対し、彼は今日中に返信が来ればいいや♩という気長に構えられるタイプなら、余裕のある彼が恋愛の主導権を握っているようなもの。恋愛は、余裕がある方が「追われる立場」になれるんです。
彼よりも気長に待てるようになれば、あなたが追われる立場になるかと。


■下品な色気ではなく上品な色気が漂う
恋愛において見た目も性格も大事ですが、色っぽさもある程度大事になります。もちろん、ただ肌を出せばいいというものではありません。多く露出してのセクシャルアピールは正直、下品。遊び目的の男子(や、見る目のない男子)は寄ってくるでしょうが、本命として追いたいかといえば違います。

男子が真面目に追いたくなる女子は上品な色気・色っぽさがある女子。色っぽさに無理がないというか板についているというか……安心感や余裕、それでいて清潔感があって、柔らかな印象。そういう、「女性」としての色っぽさが滲み出ているタイプかと。
まぁ、こればっかりは経験などを積まないと出ない色気ではありますがね。


■終わりに
正直、彼を追うよりも追われた方が大事にされやすいです。必死に追いかけて疲れてしまうよりも、程よく彼に追われた方が、気持ちにも余裕ができるし恋も楽しめるのではないでしょうか?(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●彼氏の前で「ずっといい子」より「ちょっとだけ毒舌」のほうが愛情深まる理由
●男性目線でぶった切る「なぜ彼はあなたのLINEを既読スルーしたのか?」
●いわばトリセツ。付き合い始めに彼に聞いておくと長続きする質問・3つ
●初恋じゃないからこそ。男子が「彼女にとって俺が初めて」でありたいこと
●彼女がいてもアタックOK?略奪愛の成功談&失敗談

あなたにおすすめ