ガールズコラム

愛され彼女は「彼の優しさに気づく能力」がハンパない

どうもあかりです。
「彼の優しさに気づく能力」に長けた女性は、お付き合いをしても彼氏からすごく愛されます。

今日はその理由をお話しして、そしてできればみなさんが今日から彼に伝える「ありがとう」の数が一つでも増えればいいいなと思いながら、この記事を書かせていただきますね。

どうぞ最後までお付き合いください。





■専業主婦が、辛い理由
突然ですが、以前にこんな話を聞きました。
専業主婦の人が嫌になるのは、「家事を全部ひとりでやることに飽き飽きするから」じゃなくて「家事を全部ひとりでやることを夫に『当たり前』と思われてしまうから」。

別にそのお皿洗いをすることが嫌なんじゃなくて、「お皿洗いをやったこと」を気がついてもらえないことが何よりも辛い。「お皿洗いしてくれたんだ。ありがとうね」の一言さえあれば、いくらだって家事なんて頑張れるのに。

短いエピソードだけれども、リアルで、的を射ていて、「ああ、ありがとうって伝えることって大切なんだなぁ」としみじみ思えますよね。
だけど話はそう単純じゃありません。


■「ありがとう」は大切なんだけどさ
「ありがとう」は大切です。だからよく「好きな人にちゃんと『ありがとう』って言おうね」ってアドバイスを聞きます。たしかに彼に「ありがとう」を言うのが苦手な女子って少なくないから、そういうアドバイスも大切ですよね。

だけどその一方で、このアドバイスをさっきのエピソードの夫婦の旦那さんに伝えても、きっと何も改善しないと思いませんか? 「え、ちゃんと伝えてるけど……?」ってキョトンとした顔で言い返してきそうな気がするんです。なんとなく。

「ありがとう」と伝えることってたしかにものすごく大切なんですけど、重要なことは、「何に対して『ありがとう』を伝えてあげるべきか」というところにちゃんと気がついてあげることなんですよね。

ちゃんと「お皿洗いをしてくれたんだ」とまず気がついてないと「ありがとう」なんて言えるはずがありません。旦那さんには、お皿洗いをしている奥さんの姿が(心理的に)見えてないんじゃないでしょうか。


■これまで見えてなかった「彼の優しさ」を見えるように
もしも「ありがとう」と彼にちゃんと伝えることができていない子がいたとして、そういう子が、上の旦那さんと同じような状態にあるのだとしたら、「ありがとう」を伝えるためにまずすべきなのが「気づくこと」ですね。だからタイトルもあえて「ありがとうと伝えることの大切さ」じゃなくて「彼の優しさに気づく能力」にフォーカスしたものにしています。

私はみんなの彼氏のことは知りませんから、私から「彼はあなたに対してこういう優しさをくれているよ」って答えを教えることはできません。できたら怖いです逆に。私から逃げて!

だけどこうは言えます。「あなたが『当たり前』と感じてる彼の行為の中に、絶対に『当たり前じゃないもの』はたくさんあるはずだよ」ということ。

旦那さんが気がつかないうちに、奥さんはたくさんの家事を黙々と「ありがとう」も言われずにこなしているように。

この記事を書いていて例えば私はこんなふうに考えました。

「何食べたい?」と聞かれて「なんでもいい」と最悪な答えをしてるのに、いつも違う素敵なお店に連れて行ってくれるのって、かなりすごいことじゃない?とか、仕事めっちゃ疲れてるときでも、デートのときには絶対に仕事の愚痴を言わないよな……とか。ほんの一例だけど。

繰り返しますがこれはただの「私の例」で、大切なのは、あなたが自分の彼について「当たり前じゃないこと」を見つけることです。あなたはどんなものが思い浮かびますか?5分でもいいので、少しスマホをこのまま閉じて、思い出してみてほしいのです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●「もしかして性格悪いかも…」俺の前だけいい子だったのかとガッカリされる言動
●デートで彼のテンションが上がるのは「素直に弱さを出せる彼女」
●「年上女性って良いかも…」!年下の彼を夢中にさせる方法
●彼に好きになってもらうには「自信をつける」よりも大切なことがある
●彼の気持ちも、愛情もわかる。大事なのは「優しさの量」

あなたにおすすめ