ガールズコラム

何回目でも、男子は求めてる♡デートで彼女に見せてほしいもの

どうもあかりです。
正直、たくさんデートを重ねる中で、うまく盛り上がるデートもあれば、あんまり盛り上がらないデートもある。すっごく楽しみなデートもあれば、あんまり気乗りしないデートもあるでしょう。

だけどデートに「消化試合」なんていうものはありません。
どんなデートでも、「これだけは彼に届けてほしい」ものがあります。どれもシンプルだけど、だからこそ重要。どうか忘れないでね。





■デートの醍醐味、彼女の「笑顔」
男子は、「彼女の笑顔を見るため」にデートにやってきています。
それはまるで、「映画館には映画を観に行く」「レストランにはご飯を食べに行く」「バーにはお酒を飲みに行く」のと同じくらい、当たり前で当然のことです。

彼女がずっと浮かない表情をしていたら、確実に男子は「あれ、俺なんかした?」「つまらなかった?」「というか、俺のこと好きじゃなくなった?」と不安になり、場合によっては自分を責めます。

元気がなかったり、体調が悪かったりして「彼と一緒に行動するのがやっとで、笑顔なんてとても……」というのなら、最悪リスケにしたって全然いいと思うし、そうじゃなくとも、「ごめん今日元気ない(体調悪い)」と必ず一言伝えてあげるようにしてください。


■何回目のデートでも見せてほしい「気合」
先ほどの「笑顔」にも関連しますが、「デートできた嬉しさ」みたいなものは、彼にちゃんと伝わる形で伝えてあげてほしいのです。

なぜなら交際は「ループ」だから。

デートは、「会えてよかった」で始まり、「また会いたいね」で終わる。そして会えない期間は、「また会いたいね」で始まり、「会えてよかった」で終わる。

このループを繰り返していくことが、付き合うということです。

そして「会えてよかった」を伝えてあげる一番わかりやすい方法が、デートらしい服装やメイクで待ち合わせ場所に登場して、「気合」を見せること。

親しき中にも礼儀あり。
デートをたくさんしたからって気が緩んで、服装もメイクもテキトーになっちゃうと「俺と会うの、ルーティン化してきちゃった?」なんて感じられてしまいます。


■会話や別れ際は特にグッとくる「愛情」
デートをしたとして、「お疲れー」と集合し、お店まで歩き、他愛もない会話をしながらご飯を食べ、「あ、時間だ」とお店を出て駅まで歩いて「じゃあねー」と解散。

一見普通ですが、このデートには愛情表現らしきものがありません。
男子の頭に「あれ、これってただの友達と遊ぶのと何も変わらなくない?」という考えがふとよぎってしまう可能性があります。

デート中、「好きだよ」と言葉にして伝えるタイミングは、さすがに毎回はないのかもしれません。だけど「手を触れる」「キスをする」「恋人っぽい話題をする」など、愛情を伝える手段はほかにもたくさんあるわけです。

彼との間であっさりめのデートが多いかもしれないという人は、「気がついたらお互い恋人って意識しなくなっちゃってた!」なんてことのないように、このポイントをお互いに意識してもらえたらと思います。


■また会いたい!「再会」希望の言葉
さっき、交際は「ループ」で、デートは「会えてよかった」で始まり「また会いたいね」で終わる。そして会えない期間は、「また会いたいね」で始まり、「会えてよかった」で終わる。こういうお話をしました。

ですから「また会いたい」という気持ちをどこかで必ず彼に伝えてあげるようにしてほしい。

そうしないと、彼は会えない期間を「あれ、この前のデート、彼女はあんまり満足してない?」と不安な気持ちで過ごさなくちゃいけないかもしれませんし「今度は来週の土曜日、どう?」と次のデートに誘いにくくなるかもしれません。

基本的に「また会いたい」を伝えるタイミングは、①バイバイする瞬間(対面)、②バイバイした後(LINE)の2つのタイミングがオススメです。

そして「また会おうね~」みたいな通りいっぺんの伝え方じゃなくて、「え~、帰るの嫌だな」「また絶対誘ってね?」とリアルな気持ちが伝わるような言い方をしてくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(鈴木凪沙/モデル)


コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●「好きすぎる…!」男子が彼女につい惚れ直してしまう瞬間
●恋人と長続きできる女性だけが知っている「最高の彼女」になる3つの方法
●好きな人と「両思い」になれる!恋愛上手な女子の特徴
●浮気ではない!彼氏と愛情を維持しながら男友達と友情を両立させるには?
●「大人」な女子こそやって!彼氏がグッと来る、彼女の「たまに乙女」な行動