ガールズコラム

男性が喜ぶ「会いたい」の連絡と、ウザったく思う「会いたい」の違いは?

彼への「会いたい」の気持ちが溢れすぎて、思わず「〇〇くんに会いたい」とLINEしてしまい、既読になる前に送信取り消して「なんでもないから気にしないで!」とフォローする。

そんな「会いたい」LINEを送ってしまい「あぁ、わたしは何をやってるんだ」と後悔したことはありませんか?

実は、もらう側にとって「嬉しい会いたい」と「ウザい会いたい」には明確な違いがあります。

そしてその違いは「頻度・重さ・姿勢」に現れます。





■嬉しさとウザさの違い1:連絡の頻度
原則、恋人に「会いたい」と言われて嫌な気持ちになる人はいません。好きな人に「会いたい」と言われるわけですから、当然といえば当然です。

しかしその「頻度」が増えると、「嬉しい」が「ウザい」になります。

「会いたい」という気持ちはとてもナイーブなもの。だからこそ「出しすぎない」方が価値が高まります。

たまに「会いたい」と言われるから、「会えなくて寂しくなった感」が伝わるのであって、毎週のように「会いたい会いたい」と言われると「コイツ、暇なのか?」と思われてしまうのです。


■嬉しさとウザさの違い2:気持ちの重さ
頻度とも関係してくるのですが、「ウザい会いたい」は共通してその言葉にどっしりとした(精神的な)重さがあります。

頻度が増してくれば増すほど、その重さは増えていくと考えていいでしょう。

もう一つは「伝え方」の問題もあります。

あなたがどれだけ「あ、あいだいぃぃぃぃ!」と思っていようと、「また会いたいな~(かわいらしいスタンプを添えて)」と送られてくるのと、「〇〇くんに会いたい…。」とだけ送られてくるのでは、相手の受ける印象が全く違いますよね。

ジトッとした「会いたい」よりも、彼に精神的負担をかけ過ぎないカラッとした「会いたい」を送れるよう心がけたいですね。


■嬉しさとウザさの違い3:相手を想う姿勢
「ウザいなぁ」と感じる「会いたい」には、言い方は悪いですが「わたしのこの寂しさを埋めるためにあなたを利用させてほしい」という気持ちが見え隠れしています。

それをゼロにしろとは言いませんが、せめて相手にも「何かしらの会いたくなるメリット」を提供すべきです。


●「インスタで美味しいお店見つけたの!二人で食べたいから今度一緒に行こ!」
→美味しいご飯を食べたという満足感

●「ちょっと仕事のことで相談したいから、飲みに付き合ってくれない?」
→頼られているという充足感

●「充電切れそうだから、また〇〇くんと会ってチャージしたいなぁ」
→イチャイチャできるという期待感

といった具合に、彼があなたに会うことで得られそうなこと(もの)を一緒に提示すると「嬉しい会いたい」になります。


■思いを殺さず、彼氏に「伝わる」方法を学んでいこう
自分の気持ちというものは、そのまま伝えても相手には届きません。

相手が受け取りやすいように、相手が受け取りたい形で、そして欲を言えば相手が喜ぶように、伝えることを意識してみてください。


「具体的にどう伝えるの?」という質問に対しての答えは、とりあえず伝えてみた先にあります。

最初は下手なりに、でも一生懸命、相手のことを考えながら伝えてみる。

その意識があるだけで、相手は「こちらのことを配慮してくれようとしている」ことはわかります。

結果、その配慮が嬉しかったりするんですよね。(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●女子は知らない。男子が密かに「かわいいな…」と彼女を見つめてる瞬間
●結婚へのステップ♡親が彼氏と仲良くなって、交際を認めてもらうためのポイント
●長続きするカップルの法則!彼氏には「彼女としかデートしたくないな」と思われよう
●彼氏には「結婚したい」より「ずっと付き合っていたい」と思わせる方が近道です
●仲良し♡不思議と愛情表現が絶えないカップルの特徴