ガールズコラム

頑張ってるのに愛されない「努力家女子」、何にもしないのに愛される「わがまま女子」

食事の席ではサラダを取り分け、空いたグラスに気を遣い、彼の喜びそうなことを用意してデートに臨み、なんなら手作りのお弁当まで作ってしまう。

そんな風に彼の気を「頑張って引こうとしている」努力家の女性がいる一方で、

「あれ食べた〜い!」「どこどこ行きた〜い!」とわがままにリクエストし、彼が何かしてくれるたびに「嬉しい〜!」「ありがと〜!」とキャッキャと喜ぶ。

そんな風に彼の気を「全く引こうとしていない」わがままな女性もいます。

不思議なのは、頑張ってる女性ほど愛されず、何もしない女性ほど愛されているという事実。

不思議に思ったことはありませんか?





■「努力家女子」は「愛されよう」と思っている
努力家の女性は、頭の中に常に「彼に愛されること」がセットされていて、その目標達成のために、あれもこれもそれも全部頑張ります。

「彼の彼女にふさわしい女になるぞ!」と意気込み、ありとあらゆる努力を重ねるのですが、好きな彼にはなぜか振り向いてもらえません。

なぜ、こんなことが起こるのか?それは「足りていない自分」にフォーカスが当たっているからです。

・こうしないと嫌われちゃう
・こうならないと好かれない

そうやって、自分のダメなところを(彼に頼まれてもいないのに)探し出しては、勝手に自己嫌悪に陥ります。

その姿を見た彼はどう思うでしょう?

そう、「なんかこの子と一緒にいると疲れるな」って思うんです。だから離れていくんです。


■「わがまま女」は「愛されよう」と思っていない
一方、彼のために何もしないわがままな女性は、頭の中に常に「自分らしくいること」がセットされています。

「なんで彼氏の好みに合わせて自分を変えなきゃいけないの?」と達観し、なんなら「今のわたしを好きになってくれてるんだから、変わる必要ないでしょ」くらいに思っています。

なぜなら「足りている自分」にフォーカスが当たっているからです。

・今のままでも十分に好かれている
・何もしなくても嫌われないし、嫌われたらそれまで

そうやって、自分らしくあることを最優先にして生きているのです。

その姿を見た彼はどう思うでしょう?

そう、「こいつと一緒にいると楽しいな」と思うのです。だからいつまでも離れずに一緒にいるんです。


■努力家女子がわがまま女になるために捨てるべきもの
ここで「わがまま女子いいじゃん!」とスッと移行できる努力家女子はそうそういません(笑)

むしろ努力家女子として生きてきた女性は(長女に多い)、「え、なにもしないなんて、、、そんなのあり?いやいやいや!」と心の中でものすごく抵抗を感じます。

努力家女は「努力の結果、幸せがある」という強い思い込みがあります。しかしこの思い込みはいますぐに捨てなくてはいけません。

幸せになる人の思考性とは「幸せの結果、幸せが続く」というものです。

そこに「努力する」とか「足りないもの埋める」という発想はありません。

常に今この瞬間に「幸せであること」を選択し続けている人が、結果的に幸せに生きているだけなのです。

ないものを足すのではなく、あるものを受け取るのです。

それを徹底するだけで、何にもしないのに愛されるわがまま女子の出来上がりです。


■努力せずに幸せになるなんてことあるの?
努力家女子は「努力しないなんて信じられない!」と疑うかもしれませんが、わがまま女子も周囲から見たら努力をしていますよ。

でも、本人がそれを「努力」だと思っていないのです。ただ、そうしたいからそうしているだけ。

ないもの埋めるための行動ではなく、もうある幸せを増幅するための行動なのです。

そうやって、幸せを受け取り、それを増幅させる人が、結果的に幸せになっているんです。

だから、安心してください。世の中は、努力しなくても成功できるようにできているんですよ。(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●自信があると恋愛も上手くいくっていうけど…どうやって自信をつけたらいいの?
●「大好きなんだけど…ずっと一緒は難しいかな?」居心地悪く感じさせないために気をつけたいこと
●男性が「この子のことはずーっと好きでいられそう」と感じる彼女の特徴
●嫉妬やモヤモヤとサヨナラ。彼と適度な距離で毎日幸せな気持ちで過ごすためのコツ
●親切とお節介の境界線はどこ?彼が嫌がるお節介4つ