ガールズコラム

付き合う前のお泊り。付き合ってない男性から誘われたらどうすべき?

付き合う前のお泊りの提案は、嬉しい反面、本気で自分のことを好きだから誘ってくれているのかわからなかったり、セフレとして都合のいい女にされるのではないか?という不安を感じてしまいますよね。でも、彼との距離を縮める絶好のチャンスだから、せっかくのお誘いを無駄にしたくないという気持ちもあるでしょう。

そこで今回は、『付き合う前にお泊まりを提案する男性の心理』について考察します。あなたがその提案を受けても良いのかどうか、一緒に考えていきましょう。





■付き合う前にお泊りに誘う男性の意図
付き合う前に男性がお泊りに誘う場合、さまざまな意図が考えられます。具体的に、どのようなケースが考えられるのか、みてみましょう。

●ただの体目当て
これが一番最悪なケースですね。

恋愛工学やナンパ師など、一部の男性コミュニティでは、女性とエッチすることを最大の目的としている場合があります。「女性は半ば強引にでもエッチに持ち込んだ方が、その男のことを好きになりやすい」なんて教えている、倫理観が破綻したようなコミュニティも実際に存在するほど。(本当に酷い話です)

そういった男性は、人間関係を築くことをサボりたがるために、デートでやたらとロマンチックな言葉を使ったり、ムードのある場所を好んでデートをする傾向にあります。

信頼関係以外の手法であなたの気を引こうとしているなら、その男性は体目当てである可能性が高いので、注意してくださいね。

●付き合う前に体の相性を知りたい
これは、単なる体目当てとは少しワケが違います。

過去の経験などから体の相性を大事にしている男性は、実際に付き合う覚悟を持ちながらお泊まりを提案してきます。「もし付き合ってしまった後に、エッチの相性が最悪だったら困る。だから事前に確かめておきたい」と考えているわけです。

実際に、付き合う前にエッチをしても交際に至っているケースは、都合のいい女化したケースと同じくらいあります。なので、すべての男性が単なる体目当てだとは言い切れないのです。

ここを見分けるためには、前述の“人間関係が築けているかどうか”という視点が役に立つでしょう。

●告白が億劫なので既成事実を作りたい
告白が億劫であるために、先に既成事実を作ってしまって付き合っていることにしたいと考える男性もいます。女性の方から「ねぇ、私たち付き合っているんだよね?」と聞かれるのを待ち、しれっと「付き合ってなかったらエッチなんてしないでしょ」と言いたいわけです。

狡猾というか卑怯というか、男としてはちょっと情けないタイプですね。

●お泊まりを提案することで女性の気持ちを探りたい
告白にはある程度の確信が必要になります。自分が相手に嫌われていないという確証がいくつか集まった時に初めて、告白する勇気が持てるものですよね。

告白を考えている男性は、相手にお泊まり付きのデートプランを提案することで、脈アリか脈ナシか、その反応をみているのです。

お泊まり自体が断られたとしても、「お泊まり抜きならいいよ」とか「そういうのは付き合ってからでないと」といった言葉が返ってくれば、脈アリだと判断するわけです。


■彼からの告白を促せるかも?お泊りの誘いを断る方法
では実際、男性から付き合う前にお泊りに誘われた場合、どのように返事をするのがよいのでしょうか。彼の気持ちを萎えさせることなく、むしろ相手からの告白を促すかもしれない、とっておきの方法をご紹介します。

●「彼氏とじゃないと行かない」と言う
もっともよい返事は、「泊まるのは付き合ってからじゃないと行かない」と伝えることです。

ただ、この際に強めに突っぱねてしまうと、相手の告白のモチベーションを下げてしまう恐れがあります。「お誘い自体は嬉しいんだけど」と前置きをしましょう。そうすることで、「あなたの好意は受けれているよ」とアピールすることができます。

もしそれで相手が引き下がらないようなら、「前に嫌な思いをしたことがあるんだ」と悲しい雰囲気を出しながら伝えてみてください。(ここは事実を捏造してもOK)

本当にあなたのことを思っている人なら、「そっか、それは知らなかった。変に誘ってごめんね」と、ちゃんと謝ってくれるはずです。

●お泊まりだけを断る・泊まる部屋を別にする
実際に泊まる場所がどこなのかによっても、返事の仕方が変わってくるでしょう。

もし、どちらかの家を提案されているなら、家に行くことはよしとしても、泊まることまで受け入れなければ問題ありません。

純粋に外でのデートが好きじゃない、家でゆっくりしていたい、という男性もいなくはないので、「無理矢理に手を出してくるような人じゃない」と思えるなら、夜には帰ることを明言しておけば、提案自体は受け入れてOKでしょう。

一方、旅行などのお泊まりを提案されているなら、泊まる部屋を分けてもらう手もあります。彼との旅行は楽しみながらも「そう簡単に手は出させないわよ」という牽制をすることもできて、一石二鳥です。

●共通の友人を誘う
もしあなたが、彼のことをまだ人として好きなのかどうかに自信がないのであれば、共通の友人を誘うことを提案してみても良いでしょう。

例えば、「あと二人誘ってダブルデートにしたら楽しそうじゃない?」なんて提案できれば、デートすること自体は嫌ではないことが相手に伝わりますし、長い時間を一緒に過ごすことができるので、相手の人間性を知ることもできます。

ほかに女性がいれば、おのずと寝る際は男女別になることが想定できるので、自衛効果もあります。

なお、僕はこれに誘われる側で参加したことがあり、女の子の方に男友達のいいところをプレゼンし、キューピッド役を果たしたことがあります。自分がお友達を連れて行くなら、そういった"事前の打ち合わせ”もしっかり行っておきましょう(笑)

●お泊まりデートの前に、もう一回デートを挟む
相手に告白されたら付き合おうと思っているけど、付き合う前に関係を待つのはちょっと…と思うなら、お泊まりデートの前にもう一回デートを挟みましょう。そしてそこで、彼の告白のお膳立てをしてあげてください。もし彼が奥手なら、あなたから告白してしまってもいいでしょう。

もしお泊まりデートが直近に迫っているなら、お泊まりデートの提案自体は断らずに、理由をつけて日延べしましょう。

お泊りデートの前に交際に至れば、あとは存分に満喫できますよ。


■お泊りデートをすることになったら注意しておきたいこと
では実際、付き合う前にお泊りデートをすることになった場合は、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

●エッチは断る
繰り返しになりますが、まだお付き合いが始まっていないなら、体の関係は持たないほうがベターです。あなたのことを本当に思っている男性なら、エッチを一度断られたくらいであなたのことを嫌いにはならないので、安心して断ってくださいね。

断る理由としては、前述の「付き合ってからじゃないと」と正直に話すのがベストです。

それすらも難しい場合は、「生理」が最後の砦になります。これを言われたら男は手出しできませんからね。

●デートの最後は部屋の外で終わろう
先ほど、もし泊まるなら部屋は別で、という話をしましたね。しかし、そのときの流れによっては1部屋になってしまうことも考えられます。

例えば、一日中遊んで部屋で一緒に晩ご飯を食べながら酒を呑む、というデートプランだと、その部屋でそのまま…という展開もありえます。

できれば、デートの最後を部屋の外で終わるように心がけましょう。

旅館の場合は晩ご飯を食堂で食べられるところもありますし、地元の料理屋に入るのも良いでしょう。そこでどれだけ酔っ払っても、各々の部屋の前で別れればいいのです。

●ベッドに入る前に関係性を明確にする
デートの雰囲気を壊しかねないので一か八かではありますが、あなたが彼との夜の営みを覚悟しているなら、ベッドに入る前に関係性をはっきりさせてしまうのもアリです。

デートをロマンチックな場所にしておけば、相手も流石に「ここで告白しようか」という気になるかもしれません。それでもやっぱり何もなければ、あなたから強めにプッシュしてみましょう。

「私のことをどう思ってる?」と直接聞いてもいいですし、「ねぇ、今日は本当に別々の部屋で泊まるつもり?」と自ら誘うような提案をするのもいいでしょう。


■お泊りしたのに手を出さない男性の気持ち
あなたが手を出されないようにしたわけではなく、手を出そうと思えば出せたのに、なぜか出されなかった場合、不思議に思いますよね。

最後に、手を出さない男性の気持ちもお伝えしておきましょう。

●どこかで性的魅力を感じなくなった
男性が下心ゼロで女性にお泊まりの提案をすることは、よほどの例外(幼馴染の腐れ縁など)でない限り考えられません。そうでもないのに手を出されなかったのなら、デートのどこかで「あ、違うな」と感じた可能性があります。

デートや旅行の過程であなたが嫌われてしまう可能性も、ゼロではありません。お泊まりに誘われたからといって舞い上がるのは禁物です。

●信頼されたいからこそ手を出さない
真面目な男性であれば下心をぐっと抑え、信用してもらうために手を出さないことを決める人もいます。そういう男性は、付き合う前にエッチをしたくないと考える女性が多いことを知っています。

では、そんな男性がどうしてお泊まりデートを提案するのかというと、そこであえて手を出さないことで、自分の誠実さをアピールできるからです。

●緊張しすぎて興奮できないから
女性経験が少なく、エッチに自信のない男性によくある話ですが、「実際に手を出したところで、相手を満足させられるかどうか」に不安を覚え、エッチどころではなくなってしまう人がいます。(友人の実体験です)

あなたに嫌われたくないからこその不安なので、本気度は高いといえるでしょう。


■まとめ
大事なことは、その場の雰囲気に流されないことです。「お泊まりは許可しても良いけど、エッチは許可しない」ことを心に誓うのが良いでしょう。

これが、付き合える可能性を残しつつ、都合のいい女にならないための一番無難な方法だといえます。

あなたにとって、なんの不安もないお泊まりデートが実現することを、心からお祈りしています。



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●質も大事だけど「幸せ!」をたくさん感じる恋愛をお届けしてみよう
●【男が本気で惚れる女】顔面偏差値が高くなくても男をトリコにできる女性
●彼にうんざりされないために気をつけたい3つのポイント
●まさかベッドで完結しちゃってないよね?おうちデートでラブラブすべきスポット4選
●「やっぱり彼女が最高!」彼女への好きな気持ちが増すキッカケ