ガールズコラム

おうちデートではちょっと無防備&セクシーでいてあげた方がいい理由

どうもあかりです。

あなたは彼とのおうちデートのとき、どんな服を着ていますか?

交際初期の頃は「おうちデートって、どんなの着るのが正解なんだ!?」と苦悩していたかもしれませんが、今では「まあ、テキトーでいいっしょ」とおざなりになってしまっているのではありませんか。


たしかに気合を入れた服を着る必要がないとは私も思いますが、谷間とか、脚とか、二の腕とかがちら見えしていて、彼がなんとなくムラっとできるような服装でいてあげた方がいいとは思います。


今日はまずその理由をお伝えして、最後に男性好みの「ちょっと無防備&セクシー」な服をご紹介したいと思います。





■おうちデートの特別感
「おうちデート」って、油断するとすごく退屈で刺激のないものになりがちです。

付き合った頃は「家で会う」ということ自体が特別だったけど、慣れてしまうと「やることがない」というネガティブな面ばかりが目に付く。

だからこそ「でも、おうちだと彼女、服装がかわいいからな~」と思える状態にしておくことってとても大切だと思うんです。

外デートでほとんど露出のない服を着る彼女が、家だとタンクトップとか、スカートとか、そういう無防備な服を着てくれる。

それだけでいい差別化として、おうちデートに特別感が出ると思いますよ。


■「俺だけの無防備」感
あなた自身がそういう経験をしたことがあるかどうかはわかりませんが、外デートで彼女が露出多めな服装をすることをあまりこころよく思わない男性は多いです。

「外でそういう服着るのやめろよ」的なやつです。
「他の男が見るだろ」的なあれです。

これは独占欲みたいなものから出る感情・発言なのでしょうが、個人的には「小っちゃいな~」と思いつつも、こういう男性は事実多いので、仕方がありませんね。

でも、おうちでいくら露出多めの服を着ても、こういう気持ちになったり、こういう発言をしたりする男性は存在しません。

それは、おうちデートなら彼女のどんな「セクシー」も、もれなく全部「俺のもの」だからです。

だから家で目に入る彼女の谷間や脚は、それ自体に「俺だけのもの」という付加価値が乗っかっていて、スペシャル感があるんですよ。


■男性はいつムラっとするかわからない
これが最後の理由です。
おうちデートが例えば3時間だとしましょう。もちろん、お泊り込みの一日中、というのでも構いません。

「男性は四六時中エロいことを考えている」とよく言いますが、実はこれは違います。正確には「男性は四六時中エロい気分になる可能性がある」です。

もっとわかりやすく言うと「男性はいつエロい気分になるかわかんないぞ」ということ。5秒後かもしれないし、1時間後かもしれない。

例えば寝るときだけセクシーなネグリジェを着てスタンバっていても、実は彼は夜にはそういう気分じゃないかもしれない。その日の彼は「昼」がそういう気分だったかもしれない。

「今彼女の谷間でも脇でも見えたら確実にムラっとする」

そんな瞬間に、上下ごわごわの分厚い長袖でいたら、いつの間にかそんなチャンスを逃してしまっている。

そんな瞬間がいつやってきても、確実に彼にムラっとしてもらえるようにするために、いつもちょい無防備&セクシーな服装でいてあげたいね、というお話です。

もちろん逆に、「今はムラっとされたら困るなー」というときは、逆に着込めばいいのです。


■おうちデートにおススメの服
最後に、男性好みのちょい無防備&セクシーな服をご紹介しますが、別に目新しいものはありません。

典型的な「いかにも」なもので構いません。

まずは文中でも触れましたが、「タンクトップ」は人気です。

谷間も二の腕もちら見えしやすいし、最近は脇の下に興奮を感じる男性もとても多いです。

これを着て髪を上げるとなおよし。

あとはサテンのつるつるした肌触りにセクシーを感じる男性は多いようです。

下は、ハーフパンツか長い短いを問わずスカート。脚が見えるのが、やっぱり「ムラっ」には鍵のようです。

上がタンクトップになったワンピースタイプのルームウェアもあるので、そういうのなんていいんじゃないでしょうか。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク

●「何を言っても無駄だから...」彼が見放してしまう彼女の特徴
●幸せな恋愛ができる女性は、はじめからこういうダメンズを相手にしない
●長続きカップルはやってる!「彼のここがイヤ…」状態から愛を深める方法
●ベッドだけじゃないぞ♡おうちデートでぜひやってほしい「ラブラブ&イチャイチャ@ソファ」