ガールズコラム

初デートは失敗したくない!潜む落とし穴や挽回方法について徹底レクチャー!

カッコ悪いところは見せたくないのに、失敗しちゃうのが初デートですよね!せっかく大好きな男性と同じひとときを過ごせる大チャンスなのに、なぜこんなときに限って失敗してしまうのでしょう?

実は初デートって、自分をよく見せたいと思う気持ちや、緊張、不安から失敗が発生しやすいイベントなんです。そこで今回は、初デートに潜む落とし穴や失敗してしまったときのリカバリーテクニックをまとめてみました。

初デートを控えて失敗したくない女子、初デートで大失敗して挽回したい女子は、ぜひご参考ください。





■初デートに失敗すると……
初デートに失敗すると、自分の黒歴史がひとつ増えます。タイムマシンに乗って、デート開始前に戻りたいと悔やみます。他にも重大な事態が起こってしまいます。まずは、詳しく見ていきましょう。

●せっかくの恋愛チャンスを手放す
初デートで大失敗。男性が女性にベタ惚れているパターンなら、どんな失敗だって見て見ぬフリをしてくれることでしょう。しかし、これから自分を彼に好きになってもらう予定だったなら、《もう終わり》の可能性が十分にあります。

男性の恋愛って、女性のイメージが自分の理想に叶っていることが大切。「この子、いいな」と思ったから、初デートの運びとなったのです。それが、失敗してカッコ悪いところを見られてしまったのなら、彼が思い描いていたイメージは少なからず崩れてしまうでしょう。

「この子、やっぱりないな」「次に会いたいと思えないな」と幻滅されて、せっかくの恋愛チャンスを自ら手放してしまうことになるのです。

●立ち直れないくらいヘコむ
誰だって、好きな男性の前では魅力的で素敵な自分でありたいと願います。それなのに、わざわざ初デートで失敗して大恥かいてしまったのなら、女性としてのプライドがズタズタになってしまうことでしょう。

失敗は糧になるという言葉は、一概にそうでもありません。恋愛成就はプラスイメージが大切だから、ある意味、一発勝負!そのため、初デートでの失敗は立ち直れないくらいにヘコんでしまう恐れがあるのです。

まずは、失敗パターンを知って、十分な初デート対策をしましょう。失敗のない初デートこそが、今後の恋愛ライフを握るカギとなるのです。


■初デートの失敗例!会話編
初デートの失敗例として、真っ先にあげられるのが会話です。恋人同士になるためには、会話のマッチングも大切!それなのに、ちぐはぐな会話をしてしまうと、《恋愛終わりフラグ》が立ってしまいます。

●上手く話せない
待ちに待った初デート。お目当ての彼を目の前にして、胸の鼓動はさぞや激しくなっていることでしょう。こんなときに限って、なぜか《上手く話せない病》にかかってしまいやすくなります。

言葉につまる。言い間違える。初デートに適した話題が出てこなくて、ひたすら沈黙。最悪、一生懸命喋っている最中に、声が裏返ってしまうピンチもあるでしょう。これら全ての失敗は、緊張と準備不足が原因なのです。

●愚痴や悪口を言ってしまう
「どうして愚痴や悪口を言ってしまったのだろう?」初デートには、自分らしくない失敗もあります。そんなつもりはなくても、つい口からこぼれてしまうのが学校や仕事の愚痴です。

初デート中に見かけたポイ捨てなどするモラルのない人への悪口を、怒りのあまり熱く語ってしまうこともあるでしょう。こういった失敗は、ちょっとした油断が原因です。

緊張が続く初デート。「ちょっと打ち解けてきたな、よかった」「歩くのも、そろそろ疲れてきたな」などの気のゆるみが、思わぬ悲劇を招いてしまいがちなのです。

●彼の話を聞かないで喋り続けてしまった
初デートなのに、自分のことばかり話しすぎた。そんな失敗もよく起こります。原因は、過度の緊張や彼に好かれたい期待、頑張って話題をつくらなきゃというナゾの責任感が考えられるでしょう。

しかし、原因はなんにせよ、お相手の男性はこう思います。『自分の話ばかりで面倒くさそうな女性だな、一方通行気味でコミュニケーションがとれなさそう…』と。

努力したつもりが裏目に出るときって、お互いに頑張るべき領域まで、頑張り過ぎた結果なのかも知れませんね。

●年収や家族構成など困る質問をした
初デートは、お互いに自己紹介し合うようなライトなイベント。一緒にいたら居心地がよいかどうか、好きの気持ちを深めていけそうかどうか、お互いを知るといっても手探り程度の進展で十分なのです。

それなのに、踏み込んだ質問をして失敗してしまう場合があります。気になるポイントではありますが、さすがに初デートで年収や家族構成など、答えにくい質問をしてしまうのはマズイといえるでしょう。

何事にも、順序があります。好きも深めていないのにいきなり年収を聞いてしまったら、「生々しくてイヤ」「お金目当てなの?」と男性は思います。

家族構成はフツーの話題に思えますが、家庭が複雑だったり、結婚を匂わせているように取られたりして不快感を感じる男性もいるのです。


■初デートの失敗例!服装編
つい舞い上がってしまう初デート。自分を魅力的に見せようとしすぎたり、緊張でまわりが見えなくなったりして、とんちんかんな服装をしてしまう失敗も意外と多いです。

●露出が多すぎる
オフショルダーのトップスに、お尻が見えそうなくらいのミニスカート。胸を盛りまくって、さらに胸元を強調して着こなすワンピース。素材によっては、着ていても下着が透けてしまうようなデザインの洋服もあるでしょう。

初デート中の男性は思います。「露出するのが好きなの?」「その服装、失敗じゃない?」って。露出が多いと、周囲の男性の視線を集めてしまうため、恥ずかしいと思う気持ちが湧いてくる男性もいるでしょう。

確かに、男は色っぽい女子に惹かれます。しかし、露出が多すぎるような軽さを感じる女子には、品のなさや嫌悪感を感じることが多いのです。

●TPOをわきまえなかった
Time(時)、Place(場所)、Occasion(場合)。初デートの服装はTPOをわきまえないと失敗してしまいます。行き先は遊園地なのに、風で簡単にめくれるようなミニスカートを履いてきた。それでは、ジェットコースターなど絶叫系が楽しめなくなってしまうでしょう。

デートは観光地を歩きで散策と決めたのに、高めのヒールを履いてきた。「足が痛くなるって、どうしてわからないの?」って、モヤモヤされてしまうでしょう。

高級ホテルでランチのプランなのに、Tシャツにジーンズにスニーカー。「ドレスコードあるのに……」って、ガッカリされてしまうのです。

●ほつれやシワがあるまま着てきた
いつも見落としていたのか、初デートだからこそだったのか。せっかくオシャレしてきたのに、デートが始まってから、ほつれやシワがあるままの服を着てきたことに気づくものです。

「失敗したかも……」なんて思っても、あとの祭り。失敗ばかりが気になって、デートに集中できません。ほつれを切るハサミが欲しくなったり、アイロン忘れずにかけてくればよかったと悔やんだり。

いつも完璧な自分でいたい女性ほど、このような細かい見落としが増えるものなのです。

●彼の好みと真逆だった……
《彼の好みに合わせる》という意識が薄い女子は、初デートの服装で失敗してしまいます。彼がどう思うかなんて気にも留めずに「きっと喜んでくれるだろう」と、自分の好きな服を着て出かけてしまうのです。

そのファッションが彼の好みであればよいのですが、そうでもない場合は……。デート当日の女性の服装がとても気になる男性もいます。

せめて「スカートとパンツスタイルどっちが好き?」くらいはリサーチしておくと、女性らしさを彼にアピールできたことでしょう。


■初デートの失敗例!その他
初デートで失敗して落ち込む場面は、他にもいろいろあります。様々なケースを知って、初デートの失敗回避につなげていきましょう。

●食事のマナーを守れなかった
彼のメニューが到着していないのに、自分だけ先に食べ始めた。口に食べ物が入ったまま、ペラペラと話しすぎた。フォークやスプーン、お箸をテーブルの下に落としてしまった。ジュースを飲む際に、ストローで音を立ててしまった。食べきれなくて、たくさん残した。

いただきます、ごちそうさま、美味しかったねなど、作ってくれた人への感謝の言葉がない。食事の様子って、驚くくらいに人柄が表れます。緊張していたとしても、やっぱり普段の食事に対する姿勢は目立って失敗になってしまいがちなのです。

●奢りが当たり前のように振る舞った
これまでのお付き合いで、奢りが当然だった女子にありがちな失敗です。彼氏が年上の社会人なら、支払いはいつもおまかせだったかもしれません。しかし、同年代やあなたをまだそんなに好きでない男性なら、初デートぐらいは割り勘で様子見が無難といえるでしょう。

結婚したら、共働きが当たり前になってきた昨今。恋人同士のデートだって、「男が支払って当然はありえない」と考えている男性もかなり増えてきたのです。

●自分勝手な行動をしすぎた
「どっちがいい?」と意見を求めておきながら、彼が告げたものとは違うほうを選んだり。「初デートは、ここに行きたい」とリクエストしておきながら、つまらなさそうにしてしまったり。

「一緒に歩いていたはずなのに、突然消えた?」と思ったら、後ろのほうにあるお店でひとりで買い物をしていたなど、自分勝手な行動をしすぎるのも初デートには痛い失敗です。男性は、こんな女性を彼女にしたら振り回されて大変だと逃げの体勢に入ってしまうのです。

●スマホばかり見ていた
初デートなのに、沈黙がつらい。気の利いた会話が出てこない。顔を向かい合わせた食事中やお茶中は、照れもあって気まずいため、スマホのチェックに逃げてしまう失敗があります。

しかし、緊張しているからって目も合わせないってどうなの?と男性は思います。「オレといてもつまらないのかな?」「また見てるけど、スマホ中毒なの?」と、女性に対してネガティブなイメージを抱いてしまうのです。

●そもそもプランがダメだった!
初デートの失敗は、プラン自体がそもそもダメだったという場合も。デートプラン雑誌などで恋愛スポットとして紹介されている神社・仏閣は、電車を乗り換えていくような遠いエリアが多いです。

また、人気のカフェやレストランなども、席に着けるのは行列に並んで待ってからがほとんど。疲れそうなプランって、初デートには向かないんです。なぜかというと、初デートはただでさえ疲れてしまいやすいイベントだから。

精神的にも疲れて、体力的にも疲れると、ほとんどの人は気持ちが挫けてしまいます。汗かいたり、眠くなったりして、恋愛どころではなくなっちゃうんです。

せっかくの初デートなのに、闇に葬り去りたいような失敗談になってしまうなんて、絶対に避けておきたいですね。


■失敗を防ぐには初デート前が大切!
他人事では済まされない初デート失敗談。これらの失敗は、初デート前に入念な準備を行うことによって回避可能です。せっかくの恋愛チャンスを逃さないためにも、自分が恥ずかしい思いをしないためにも、早速チェックしていきましょう。

●ふたりが楽しめるプランを立てる
まず、初デートで失敗しないためには、ふたりが楽しめるプランニングが重要!映画や遊園地、食事デートなど、お互いの希望からデートプランを立てていきましょう。

さらに、疲れてグダグダになってしまわないためにも、お互いの自宅からそんなに遠くない場所で、行列に並ばずに済むデートスポットがおすすめです。

●会話のネタを集めておく
初デートの敵は沈黙です。会話が途切れたために、焦ってしまい、おかしな失敗を引き起こしてしまうことが多いです。だからこそ、事前に会話のネタを集めておくようにしましょう。

スマホのメモ帳機能に打ち込んでおけば、お互いのトイレや化粧直しのついでに、会話ネタを補充することができますよ。盛り上がるネタは、やっぱり好きな食べ物や趣味の話!

デート終盤なら、「2回目のデートはどこに行く?」なんて話題もおすすめ!女性が脈ありとわかって、喜ばない男性はいません。「今日の初デートに満足してくれたんだ」と、彼の気分も最高潮に盛り上がることでしょう。

●通話である程度話せるようにしておく
彼と会話がまったく弾まない段階で、初デートなんて無謀というもの!当日になったら、お互いに緊張してしまうので、ひどいと沈黙の失敗だらけになってしまう危険性があります。

スマホ通話である程度は話せるようになっておきましょう。デートの行き先について話せば、ふたりでプランを練ることもできて一石二鳥といえるでしょう。

●礼儀やマナーを身に付ける
《知らなかったから、仕方がない》と失敗を開き直るのは、オトナの女性として厳しいです。遅刻しない、きちんと挨拶をする、社会の中で浮かない服装や行動とはどんなものなのかわきまえる。

できて当たり前のことができていなかったら、いくら初デートという記念するべきイベントであっても、彼もフォローしきれないでしょう。マナーについてはネットで検索できるので、たくさん読んで知識を深めておくとよいでしょう。

●失敗を想定してみる
初デートで失敗しないためには、失敗を想定してみるのもよいでしょう。待ち合わせ時間に遅刻しないようにするにはどうすればよいのか。会話中に失言をしてしまったら、自分でどうフォローするべきなのか。

初デート中に失敗して落ち込むことがあったら、どうやってメンタルを立て直すのか。事前にシュミレーションしておけば、失敗回避につながるばかりか、すぐに失敗の挽回もはかれることでしょう。

●過去に失敗経験がある人は振り返ってみる
彼とは初デートだけど、過去にデートの経験はそれなりにあるという女性もいるでしょう。そんな場合は、過去のデートをよく思い返してみてください。初デートに失敗はつきもの。

きっと、心当たりがある女性も多いでしょう。反省は、自分への学びにつながります。学びが多ければ多いほど、素敵な初デートを過ごせるようになれるでしょう。


■もうやっちゃった?初デートの失敗を挽回する方法!
初デートの失敗を避ける方法、もっと早くみておけばよかった。すでに、「やっちゃった!どうしよう……」と、失敗で撃沈している女子もいるのでは?でも、大丈夫です。十分に挽回可能なので、まずは対処法を試していきましょう。

●会話のミスは帰宅後の「緊張しててごめん」メッセージで解決
大好きな彼と初デート。いろんな会話をして楽しめたらよいなと、前日はドキドキして眠れなかったり、朝早く起きすぎたりしてしまったことでしょう。それなのに、会話は緊張して失敗、さんざんな結果に……。

だけど、実はそんなに落ち込む必要はないのです。だって、初デートの失敗なんて誰もが経験することだから。「緊張しててゴメンね!」って、帰宅後のメッセージで挽回しておきましょう。

不安も早期解決して前向きに踏み出せば、2回目のデートはもっと楽しくおしゃべりできるようになるはずです。

●失敗したかも?と思っているのは彼も一緒!「楽しかった」と告げよう
初デートは期待でいっぱい。それなのに緊張で空回りしてしまうから、「失敗したかも……」の不安がつきないことでしょう。だけど、そんな感想を抱えているのは彼も一緒です。

恋人同士は、楽しいことだけじゃなく、失敗も一緒にフォローし合っていくもの。「楽しかったね」「2回目もデートしようね!」と、笑顔で告げましょう。

男性は明るくてポジティブな女性が大好き!失敗してもふたりで挽回していけるんだと思えたら、彼もきっと安心してあなたと向き合えるようになるでしょう。

●2回目で同じミスをしないように気を付ける
初デートでの失敗は、できればしないでおきたいもの。しかし、やってしまったものは、やり直して、挽回すればよいのです。一見、完璧なデートを過ごしているように見えるカップルだって、たくさんの反省があったからこその余裕なんですよ。

2回目のデートでは、ぜひ同じミスをしないように気をつけてみてください。注意しておけば、失敗の回避につながります。いつかは、彼とも余裕たっぷりのデート時間を過ごせるようになるでしょう。

●やってしまったことは素直に謝るのが一番
悪気はないけど、やらかしてしまった。初デートには、そんな失敗もたくさん起こってしまいます。待ち合わせ時間から、大幅に遅刻してしまった。つい不機嫌になってしまった。ワガママを言って困らせてしまった。

最悪、ケンカ勃発で泣いてしまう事態に陥ることもあるでしょう。そんなときは、素直に謝ることが一番の挽回策です。失敗は、誠意ある謝罪で乗り越えられますよ。


■まとめ
初デートでの失敗は、プライドがズタズタになったり、トラウマになったりしがち。しかし、落ち込むのはあなただけじゃありません。世界中のすべての男女が失敗を繰り返し、挽回して、今を楽しく過ごせているのです。

失敗は、挽回できます。そして、そのうち経験とともに上手でロマンチックなデートができるようになってくるのです。初デートで失敗しても、ぜひ前向きな挽回を。そうすれば、素敵な2回目のデートにつながっていくことでしょう。(hayakyo/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●ベストはどのくらい?付き合う前のデート頻度!多すぎてもダメな理由って?
●好きな人と電話したいけど迷惑?男性心理や掛けるきっかけを徹底紹介!
●恋愛相談は同性より異性にするとうまくいく?メリットとは?
●出会いがないなんて嘘!?大学生が知っておくべき恋人を作るためのテクニック
●通勤電車で一目惚れしてしまったら?気になる男性へ女性からアプローチする方法