ガールズコラム

「彼もいつか変わってくれるかも」は幻想?彼の治らない悪いクセ・4つ

こんにちは、コラムニストの愛子です!

「これさえなおしてくれたら」と思いながら、いつか彼が変わってくれると信じて付き合い続けていませんか?治るクセもあれば、もはや性格や生き方となっている、「治らない悪いクセ」も存在します。
今回は、治らないと覚悟しておくべき「悪いクセ」をご紹介します。





■1.依存症
「お酒とかギャンブルとか、何かに依存しやすいタイプは、たぶん一生そうだから、治るって期待しないほうがいいよ」(29歳/女性/事務)

繊細で傷付きやすいのに、強い刺激を求めるタイプの人は、何かに依存しやすい傾向にあります。生活に支障をきたすほどでなければいいと思いますが、あなたの目に余るほど、カレがお酒やギャンブルにハマっているようなら、気を付けてください。この先もっと強い刺激を求めて、違法なものにのめり込んでしまう可能性もあります。見捨てるようでつらいかもしれませんが、自分自身のためにも、別れたほうがいいかも。でももしカレを支えていこうと思うのなら、1人で解決しようとせず、カレを心療内科やカウンセリングへ連れていくことも考えてください。


■2.暴力
「ケンカになったとき、一度でも殴られたら別れたほうがいいよ。暴力は本人にもどうしようもできない、病気みたいなものだから。付き合い続けるとエスカレートすると思う」(29歳/女性/芸能)

暴力は、感情が押さえきれないときにでるもの。つまり、自分自身でコントロールができないのです。暴力をふるう男性とは、どんなに好きでも別れるべきだと思います。お金のことや浮気とは違い、本人が納得しているなら付き合い続けるのもアリと言えるような問題ではありません。「たまたま機嫌が悪かっただけで、本当は優しい人」なんて、甘く考えないでください。とても高い確率で、カレの暴力はエスカレートするでしょう。取り返しがつかないことになる前に、別れを決断してください。


■3.お金にルーズ
「借金するクセって治らないよ。返す当てがないのに、すぐ借りちゃう男性と付き合っていると苦労するよ」(24歳/女性/飲食)
「できれば早く別れたほうがいいよ。付き合い続けていくなら、お金のことは自分がちゃんと管理するっていう覚悟が必要」(28歳/女性/美容)

金銭的にルーズな人は、稼ぎが増えても使う額も増えるので、生活が不安定なままというケースが多いです。借金するクセや、衝動買いをするクセはなかなか治りません。カレが無計画なお金の使い方をして、「お金を貸して」と言われたことがある方は、将来のことを考えるなら、早めに別れたほうがいいでしょう。そしてどんなに好きでも、借金の保証人にだけはならないようにしてください。


■4.浮気癖
「浮気って本当に病気みたいなものだから、2回以上されたらこれからも続くと思ったほうがいいよ」(27歳/女性/販売)

「浮気は治らない。浮気がバレて話し合って、やっと止めてくれたと思っても、忘れた頃にまたされると思うよ」(29歳/女性/ヨガインストラクター)

「いつかは私一筋になってくれる」と信じて、何度も浮気をされている女性は多いのではないでしょうか。本命が自分ならOKというふうに割り切って付き合うという考えもあります。でももし自分だけを見てほしいと思うのなら、浮気性のカレを信じるのはやめにしたほうがいいかも。あなたが許す度に、カレの中で浮気に対する罪悪感が薄れ、繰り返しやすくなってしまう可能性もあります。


■おわりに
好きだから、なおしてくれると信じたい気持ちはよくわかります。でも、本人の意志だけではどうしてもなおせないこともあるようです。別れるか、なおらないと覚悟して付き合っていくしかないでしょう。 (愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●恋に溺れないいい女になる「25歳からの恋愛学」
●女友達にドキッ…。男性が思わず「オンナ」を意識するひとこと
●これぞ大和撫子!男性がウットリする女性の「奥ゆかしさ」・4選
●だらしない=女としてナシ!?男性が「最低限ココはちゃんとして」と思う瞬間
●褒め殺しも効く!?「追われる恋がしたい」と思っている男性へのアプローチ方法