ガールズコラム

ヤバイ、どんどん好きになる…。そんな「大事にされる彼女」の特徴って?

猛アプローチされて付き合ったのに、交際後、彼からの愛情はかつての勢いをすっかり失ってしまう…。告白されて付き合うのに、いつもフラれてしまう…。そんな女性もいるのではないでしょうか?

こんな風に付き合うまでしか大事にされない女性もいれば、付き合ってからもっと大事にされる女性もいます。ここでは、交際期間を重ねるにつれてもっと愛されていく「大事にされる彼女」の特徴について聞いてみました。





■情緒が安定している
鈍感な彼氏を持つ彼女は意外にも多く、鈍感で気遣いの足りない彼にイライラしてしまうことも日常茶飯事。

なぜ彼は気づかないんだろう。なんで察してくれないんだろう。とイライラしていても何も始まりません。

多くの男性は女性よりも気配り、配慮が上手くない着物なのです。まずは「なんで?」と疑問を抱くより鈍感彼氏はこういう人なんだと割り切ってしまった方が気持ちが乱れずに済むかもしれません。


■自分らしく綺麗になる努力をしている
「流行に流されたりせずに、自分らしさを活かしたお洒落やメイクを楽しんでいる子。自分らしく綺麗であろうとしている今の彼女のことを尊敬するし、ずっと大事にしていきたいと思います。もう5年付き合っているけど、彼女は前よりも魅力が増していると思う」(20代/公務員)

大事なのは、もともとの顔の造りを活かして、より綺麗でいたいという、「心のあり方」。自分のよさを活かしたファッションやヘアメイクを日々研究している女性は、年齢を重ねるほど綺麗になっていきます。年相応の美しさを心がけることで、年下の女性からも憧れられる存在に。言葉づかいや立ち振る舞いにいたるまで自分らしく綺麗でいる女性は、彼氏からも長く愛されるでしょう。


■愛情深い
「包容力があって愛情深い女性は、一緒にいて心が安らぎます。仕事が忙しくてストレスもたまりまくってるけど、彼女が家で待っているから頑張ろうって思える。いつも“お疲れ様”って迎え入れてくれる彼女には感謝しかありません」(20代/外資)

なんだかんだいってマザコンの多い男性は、母親のような包容力にも惹かれます。愛情の出し惜しみをするのではなく「嬉しい、楽しい、大好き」の3つの感情は素直に伝えるのがベター。彼女から愛されていると感じることで、彼氏も彼女をもっと大事にしようと意識していくはずです。


■欠点を隠さない
「自分のコンプレックスや欠点を隠さないで、あえて出している子って魅力的だと思う。“私、笑うと二重顎になるんだよね”って言って笑う彼女が俺はめちゃくちゃ可愛いと思います。(笑)」(20代/IT)

コンプレックスがない人間なんていません。誰にだって欠点や自信のないところはあるもの。そんなときに欠点を無理に隠そうとすると、プライドばかりが高くなってしまいます。「私こういうところがあって(笑)」と欠点を笑い話に変えられる女性は、その欠点がチャームポイントに変わります。「おでこが広すぎて…(笑)」「胸が小さくて…(笑)」などと、自分で自分のことを上手にいじってあげましょう。


■おわりに
手放したくない彼女や、交際歴が増すごとに愛されていく女性は、上記の4つの特徴を持っています。彼氏のことを考え、思いやりのある行動をしていきましょう。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)



コラム提供:ハウコレ

外部リンク
●大人の恋の秘訣!男性が考える「彼女との理想的な関係性」のカタチ
●仕事が忙しい彼氏とのLINE頻度はどれくらいがベスト?送っていい内容は?
●「彼氏いるの?」の答えまとめ!ドキッとさせる上手な回答とかわし方
●共感!胸キュンが止まらない!?女子のときめきエピソード
●早く忘れよう…失恋の苦しさから立ち直る方法