ガールズコラム

恋愛がわからない!好きという恋愛感情を確認する方法と恋愛の仕方

恋愛感情がわからないと、恋ができないのではないかと悩んでしまうものです。
彼を本当に好きなのか悩んだら、恋とはどんな行為なのか詳細を知るようにしてください。
恋愛の仕方がわからない人のために、恋ができない問題や、恋するための解決策を紹介していきます。





■恋愛感情がわからない女性とは
誰かを好きになるのは、簡単なことだと思うかもしれません。
しかし恋愛感情がわからず、どうやって恋をしたらいいのか悩んでいる方も少なくありません。
では、恋愛感情がわからないとは、どういうことなのでしょうか。
まずは、恋ができないと感じる女性の特徴を理解していきましょう。


恋をしたことがない女性の割合
20代~30代女性に、恋をしたことがあるかアンケートを取ったところ、9割の女性が恋をしたことがあると答えました。残りの1割は、今まで恋愛経験がないことが判明したのです。

恋をしたことがある女性が大多数であることは、ある意味予想ができたでしょう。
しかし、1割程度の女性が恋をしたことがなく、恋愛感情がわからない人は、一定数いることがわかりました。
少ない割合ではありますが、同じ感情をもつ人もいることがわかり、安心したのではないでしょうか。
恋愛感情がわからないのは、特別なことではありません。


いわゆる「燃え上がるような気持ち」を感じたことがない
恋愛感情がわからない理由の1つに、「燃え上がるような気持ち」を経験したことがないパターンがあります。
自分の人生が変わるくらい、人を好きになったことがないケースのことです。
燃え上がるような恋の経験がないのは、もともとの性格が影響している可能性があります。
普段から物事に冷静に対処していれば、誰かを好きになっても、感情的にはならないでしょう。

いわゆるクールなタイプなら、燃え上がる恋をしないのは不思議ではありません。
世間一般でいう恋は燃え上がるものと認識していると、本人は恋をしたことがないと感じます。
人によっては、自分には感情がなく、人を好きになれないのではないかと不安になるかもしれません。
しかし、心配に及びません。
誰もが恋をしたとしても、燃え上がる恋をするわけではありません。
その人らしい好きになり方があってもいいはずです。


友情と恋愛の区別がつかない
人を好きになっても、友情と恋愛の区別がつかないケースもあります。
好きな感情は人それぞれで、カップルなのに親友のような間柄の人もいます。
友達の延長で付き合ってしまえば、なおさら友達の感覚が強くなってしまうでしょう。
とくに幼少期から親しかったカップルや、友達から始まったカップルに多いケースです。

もともと友達だった関係が恋人に変わっても、いきなり付き合い方が変わらないからです。
友達感覚のカップルは、付き合うのも曖昧で、2人の感情が燃え上がるのは少なめです。
気が付いたら側にいる彼のことを、男性として好きなのか悩む方は少なくありません。
もしかしたら違う男性を好きになるのではないかと悩むケースもあるでしょう。
友達のような彼といて楽しいと感じるなら、それも恋愛感情の1つです。
一般的な恋愛と違う愛し方かもしれませんが、離れたくないなら立派な恋なのでしょう。


ときめくけれどすぐ冷めてしまう女性もいる
両想いになったとたん、彼への想いが冷めてしまうパターンもあります。
カップルになると恋が冷めるのを、「蛙化現象」といいます。
蛙化現象という名前が付いているのは、グリム童話「蛙の王子様」からきているからです。
両想いになったとたん気持が冷めるのは、理想の王子様を追い求める人に多いようです。

二次元の男性を好きになることが多いなら、蛙化現象が起きやすいでしょう。
付き合うとなると生身の男性を相手にしなければならず、急に怖くなってしまうのです。
この現象は、幼少期から女性ばかりと接してきた方に多くみられています。

子供の頃、父親が不在のことが多かったり父親が忙しく遊んだ経験がない環境が影響します。
または、ずっと女子高で男子と接する機会が少ない人にも多いようです。
蛙化現象がおこりやすい人は、少しずつ男性に慣れていくのが解決策です。
男性に慣れていないだけなので、恋ができなくても焦らないようにしましょう。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●長く続くカップルは努力している!末永く愛し愛されるカップルの特徴とは?
●ネット恋愛で出会い・付き合うためには?彼を本気にさせる方法を紹介
●彼女をめんどくさいと男性が思う瞬間とは?特徴や気を付けたいこと
●男性脳と女性脳、あなたはどっち?違いを知って仕事や恋愛に役立てよう
●「結婚は人生の墓場」は女性も同じ?男女の視点で見る結婚の考え方