ガールズコラム

好き避けをする男子の攻略法とは?行動心理や特徴、見極め方を紹介

「好き避け」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
好きになったら猪突猛進!という女性も多いかもしれませんが、男女問わず好きだからこそ距離をとろうとしてしまうという人も世の中には少なくありません。

今回は、「もしかしたらわたしのこと好きなのかな?」と思うのに、なぜか距離を置いてくる男性の心理を探ります。
気になる男性から避けられていると感じている場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。





■好き避けとは?
「好き避け」は、特に片思いのときに起きやすい行動のことです。
本心は相手のことが好きなのにも関わらず、まるで嫌っているかのような態度をとってしまう状態を指します。

理由としては、「どう接していいかわからない」という戸惑いや、気恥ずかしさ、周りの目を気にしているから、などがあげられます。
したがって、いわゆる「ツンデレ」と呼ばれるような態度に見えることが多く、人前では冷たいのにふたりきりになると優しく接してきます。


■好き避けする男子の心理とは
なぜ好き避けする男性は、好きな女性にも関わらず、避けてしまうのでしょうか。
そこには、ネガティブな思考が働いていることがほとんどです。
気になる男性から避けられているかもと思ったら、まずは好き避けする男性の心理をおさえておきましょう。


最初からあきらめている
自分に自信がない人は、好き避けをしやすいといえます。
これは、相手が魅力的に映るほど、「自分では無理だろう」「きっとふられるだろう」とネガティブに考えてしまいがちな人ともいえます。

こういった人は、相手をとりまくほかの男性たちに対しても「彼もあの女性を狙っているはず」と妄想してしまったり、「自分は彼に敵わない」と比較して落ち込んでしまったりします。
なんらかのアクションを起こす前に、あきらめるほうへ考え方がシフトしてしまうため、無理やり感情を押し込めて好き避け行動になってしまうのです。


好きだと知られるのが恥ずかしい
相手に好きだと悟られるのが恥ずかしいため、好き避け行動に出てしまう人もいます。
どちらかというと恋愛経験が少ない人に多いといえるでしょう。

また、勝ち負け意識が強い人にも起こりやすく、「自分から好きになったと思われるのはくやしい」という気持ちが混ざっていることもあります。
相手に好意を気づかれないためには、そもそも距離をとっておくのが一番。
そう考えて、逆に嫌われてしまいかねない極端な行動に出てしまうのです。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●愛され女子になるには?人を惹きつける特徴やメリットを解説
●フットインザドアって、どんなテクニック?恋愛への活用方法をご紹介
●芯が強い女性はモテる!特徴や魅力を知ってワンランク上の女性へ!
●足を組む人の心理とは?男女別や組み方でも違う!そこからわかる相手の心
●吊り橋効果とは?ドキドキ効果を恋愛に活用する方法をご紹介