ガールズコラム

元彼と復縁するべきか悩む…迷っているときの判断方法とは?

別れた元彼と復縁したいと思っていても、いざ復縁となると迷う人が多いのも事実。
この記事では、復縁した方がいいのか、しない方がいいのかについてまとめています。

実際に復縁したとしても、解決できていないことがあれば、また同じ結果を招くことになるでしょう。
そうはならないために、元彼との復縁について冷静に考える必要があります。
この記事を読むと、客観的に復縁について考えることができるようになります。
最終的に大事なのは、あなたの未来が幸せかどうかです!





■復縁には良い復縁と悪い復縁がある
復縁というものに執着していると、何がなんでも復縁したいと思ってしまいがち。
元彼のことが好きだからと言って、復縁しか道はないと思うのもどうなのでしょうか。
実際のところは、復縁できたとしてもその後に幸せかどうかは誰にも分かりませんよね。

実は、復縁には良い復縁と悪い復縁があります。
彼を好きな気持ちだけで、復縁ありきにならないために、冷静に考えてみましょう。
良い復縁と悪い復縁を知り、未来の自分が幸せであることが一番です。


■彼と復縁して幸せになれるパターン
「復縁」することが幸せだと決めつけてしまうのも少し短絡的なのかもしれません。
元彼から振られた場合、別れたくないと思えば復縁したいと思うのが自然な感情でしょう。
自分ひとりの世界で考えると広い視野で考えられないことがあります。

彼と復縁して幸せになれるパターンとはどのようなパターンなのでしょうか。
これから紹介するパターンについて冷静に考えてみましょう。
その上で、復縁することが幸せになれるのか、そうでないのかを決めることをおすすめします。


お互い自立した関係だった
恋愛中にお互いが自立した関係であった場合は、復縁して幸せになれるパターンでしょう。
恋愛に依存し過ぎて、仕事に集中できないとか、学業に支障があるなど、恋愛ありきでほかのことに影響が出る場合、それを「依存」と言います。

そのような関係は、恋愛することで、普段の生活が維持できなくなるばかりではなく、責任のあることに対しても全力で取り組めないということになりがち。
しかし、お互いが恋愛をしながらも、しっかりとほかのこともこなせる、やらなくてはやならいことに集中できるという関係であれば、自立した関係と言えるでしょう。
このような二人であれば復縁後は幸せになれるはずです。


お互いに相手の幸せを考えられる
何のために復縁をしたいのかということをよく考えるべきです。
あなたの幸せのための復縁であれば、その復縁は別れを切り出した元彼にとっては幸せでない可能性が高いです。
お互いに相手の幸せを考えたときに、復縁することがいいと意見が一致した場合に、復縁後の幸せもあるはずです。

振られた方がしつこく復縁を迫った場合、もし復縁できたとしても、同じ結果になってしまうことが多いのは、相手の幸せを考えられていないから。
自分の幸せより相手の幸せを考えられる二人であれば復縁することで幸せになれるでしょう。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●結婚の予兆をキャッチ!スピリチュアルなサインと見逃さない方法
●好きな人が冷たいのはなぜ?考えられる理由や対処法を紹介!
●自慢話にイライラしてきたら?スマートに対処する方法を解説!
●結婚生活に疲れたと感じる原因は?夫婦仲を改善する方法はある?
●堅実の意味とは?長所や短所の特徴を把握してモテる女性になろう