ガールズコラム

25歳で結婚は早い?25歳で女性が結婚するメリットとデメリット

結婚は多くの女性が憧れる、人生最大級の大きなイベントであり、節目の出来事です。
20代の折り返しの年齢である25歳は、女性にとっては少し特別な年齢かもしれません。
今まで楽しく遊んできた人も、ある程度結婚を意識し始める年齢なのではないでしょうか?

今回は、25歳での結婚率や結婚ラッシュの年齢、25歳前後で結婚するメリットとデメリットについてご紹介します。
自分の年齢などを照らし合わせて、今後の人生を見つめてみましょう。





■25歳の結婚率はどれくらい?
25歳は20代のちょうど真ん中の年齢。あまり結婚を意識していなかった人も、徐々に結婚を意識し始める年齢です。
結婚願望が強い人は、25歳までに結婚したいと強く思っている人もいるのではないでしょうか?
まず、25歳の男女の結婚率をチェックしてみましょう。
男女の結婚の平均年齢や、25歳前後の結婚が早婚にあたるのかをご紹介します。


男女の25歳の結婚率
昨今では晩婚化がメディアなどでも取り上げられていますが、25歳での結婚率はどれくらいなのでしょうか?
男女別で確認していきましょう。
25~30歳男性の場合の結婚率は、26パーセントほど。
大体4人に1人が結婚していることになります。

20歳~24歳までの結婚率は4パーセントほどなので、25歳以降に結婚する人がかなり増え始めています。
女性の25~30歳までの結婚率は、約36パーセント。
同年代の男性よりも、10パーセントほど結婚率が上がっています。
20~24歳の結婚率は約8パーセントなので、男性よりも高いものの、結婚は少数派といえます。


男女が結婚する平均年齢
結婚率を確認したところで、今度は男女が結婚する平均年齢についてみてみましょう。
初婚の平均年齢は、男性は31歳で女性は29歳です。
結婚率が伸びてくる年代で、初婚を迎える人が多いようです。
あくまでも平均なので、平均年齢よりも早く結婚する場合や、遅れる場合もあります。

また、初婚の平均年齢は、地域によっても若干ばらつきがみられるものです。
都心部やその近辺では、初婚の平均年齢よりも年齢が上がりやすい傾向。
地方では、平均年齢よりも若い年齢で結婚する人が多いこともあります。


25歳や26歳での結婚は早婚なのか
25歳や26歳前後での結婚は、日本全体の初婚の平均年齢よりも若い年齢です。
しかし、早婚とは断言できないともいえます。

早く結婚することは、メリットも多い反面、デメリットも存在しています。
理想の結婚年齢を持つことは決して悪いことではありません。
しかし、理想ばかりを追ってしまい、焦って結婚してしまうのはよくありません。
相手との相性などを吟味して、この人ならばと思える人と結婚したときが、その人の結婚のタイミングだったといえます。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●目の付け所間違えてない?男性が感じる女子力の高い行動、低い行動
●彼氏と感情的な喧嘩はやっちゃだめ!一線を越えずに踏み止まろう
●万人モテする雰囲気美人は誰でもなれる!今すぐ真似できる特徴6つ
●彼氏がいるのになんだか恋愛に疲れた。そんなときの対処法とは?
●子供のままごと恋愛はもう卒業!穏やかに育む大人の関係のススメ。