ガールズコラム

幸せな結婚が羨ましいと思っている女性は多い?その理由と嫉妬しない対処法

幸せな他人の姿を見て、羨ましいと感じていませんか?
また、あなたはそのときに感じた嫉妬をどうにかしたいと思っているかもしれません。
今回は、そんな他人の結婚を感じ、羨ましく思う気持ちをうまく整理し、乗り越えていく術を身に付けていきましょう。
また、それらを乗り越えた末には、あなたも幸せな結婚をしたい気持ちが高まることも。
そんな嫉妬や羨む気持ちを払拭し、あなたも幸せな結婚へと突き進んでいきましょう。





■結婚が羨ましいと思う女性は多い?
「結婚が羨ましく感じる…。」そんな気持ちになる女性は、結婚を焦っている人に多い傾向があります。
しかし、そんな中でもそもそも結婚に興味が無い女性もいます。
もし、あなたが友人の幸せそうな姿や結婚をしたい気持ちがあるのにできないジレンマがあると感じるなら、人を羨む気持ちや嫉妬の気持ちが増えるかもしれません。

友だちの結婚式はもちろん、知り合いが結婚した話を聞くと、自分だけ取り残された気持ちになってしまうことがあります。
そんな孤独から、「なんで、私がまだ独身なの?」なんて気持ちがふつふつと湧き上がってくることも。
そこから嫉妬や羨ましい気持ちになり、いら立ちや腹立たしさにつながるのかもしれません。


■結婚が羨ましい理由
あなたが友人や同僚の結婚式に参加し、幸せそうな彼女の姿を羨ましく感じている場合、羨ましい気持ちから嫉妬に変わることも。
嫉妬心は、時にはあなたの幸せを邪魔してしまうかもしれません。
なぜこんなに結婚がうらやましいのか、あなたにとって結婚はどんな意味があるのか確認してみると良いでしょう。


結婚したいのに絶対に無理と思うギャップ
結婚したいのに、結婚できない女性の背景にはさまざまな理由が含まれます。
たとえば、そもそも相手がいない、実は結婚を焦っている、もっと早く結婚する予定だったなどさまざまです。
さらに、結婚したい気持ちがあるのに、心のどこかで「絶対今のままじゃ、結婚なんて無理!」と感じていることも。

自分が気づかぬうちに、心の底で感じるギャップに結婚への焦りや結婚できるか?などの不安が押し寄せ、結婚したという女性の情報がうらやましく感じてしまうのでしょう。


先を越された感
人は「したい」ことに対して先を越されると、羨ましい気持ちから嫉妬に変わることがあります。
小さい頃から負けず嫌いの女性なら、とくに他人に結婚を越されたことに腹を立てる傾向も。
いつでも何をするにも一番だったことが、いつしか歳を重ねるごとに、一番ではなくなってしまうことへのイライラなども重なります。

結婚を先に越されたことで、羨ましい気持と「私はもっと早く結婚するはずだったのに。」なんて、過去の彼氏と結婚出来なかったことを悔やむ気持ちが現れてしまう女性もいるようです。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●ずっと一緒!長続きする仲良しカップルになる5つの方法
●彼を思うと苦しい…失恋から立ち直り、また恋するために必要な事
●双子座B型男性の性格・特徴・恋愛傾向は?恋人や結婚相手の相性も診断!