ガールズコラム

彼氏と別れたい場合に考えるべきことは?後悔しない決断方法と良い別れ方

交際を始めたばかりのころは、別れの訪れなど考えもしないもの。
しかし、現実にはさまざまな理由で別れの道を選択してしまうカップルが少なくありません。
本記事では、彼氏と別れたい場合に考えるべきことについて解説します。
別れてから後悔しない決断方法や、良い別れ方などもあわせてご紹介しましょう。





■彼氏と別れたいと思う瞬間や理由は?
カップルが別れる理由は多岐にわたります。
喧嘩が絶えず嫌になった、考えや価値観が合わない、ほかに好きな人ができたなど、さまざまなことが考えられます。
また、ともに過ごす時間が長すぎた結果、マンネリ状態に陥ってしまうケースや、将来が見えないからと別れを選んでしまうケースも少なくありません。
以下、詳しくみていきましょう。

・喧嘩ばかり・考えが合わない
・好きな人ができた
・理由はない
・マンネリ・好きじゃなくなった
・将来が見えない


喧嘩ばかり・考えが合わない
カップルに喧嘩はつきものです。
お互いの意見がまったく合わない、相手がわがまま過ぎる、だらしないなど、さまざまな原因によって喧嘩は発生します。

価値観や考え方の相違により、喧嘩になってしまうことは珍しくありません。
その結果、顔を合わすたびに喧嘩になり、デートも台無しになってしまう、といったことも起こりえます。
このようなことが何度も続いてしまうと、ストレスを抱えてしまい、やがて別れを考えるようになる可能性があります。


好きな人ができた
新たに好きな人ができてしまった場合、長年付き合った彼氏と別れたいとの結論にいたる可能性があります。
人の気持ちは永遠に変わらないものではありません。
些細なきっかけにより、気持ちが変わってしまうことは多々あります。

たまたま彼と喧嘩しているとき、ほかの男性から優しくされてしまうと、その人を好きになってしまうこともあるでしょう。
その人と彼氏を比べてしまい、その結果別れを決断することは十分考えられます。


理由はない
別れたあとでどうして別れたのだろう、と疑問に感じてしまう方も少なくないようです。
別れに明確な理由がある人もいれば、とくにこれといった理由はないにも関わらず別れてしまうことがあります。

本人が、とくに理由はないと思っていても、潜在的な理由を秘めている可能性もあります。
彼に対する不満や不安を心の奥底に抱いているようなケースです。
この場合、その気持ちは表面化こそしていないものの、心の奥底にそのような気持ちがあるため、理由は考えつかないけど何となく別れたくなることが考えられます。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●「いつか彼氏と結婚したい!」だけじゃ甘い!目標設定が大事なワケ
●もう恋愛で失敗したくない!ダメ男を見破るための6つの特徴とは?
●嫉妬とヤキモチの境界線って?自分を愛して、彼からも愛される方法