ガールズコラム

食欲が止まらない人へ!ダイエットを成功させる5つのコツとは一体?

食欲の秋ですね。食べ物がおいしい季節ですし、食欲が止まらないのではないでしょうか?そこまではいいとして、お風呂上りに体重計に乗ったら阿鼻叫喚の図…なんてことにならないように、今回は食欲が止まらない人へダイエットを成功させるコツを5つご紹介します。





■無理をしても待っているのは…
食欲は人の三大欲求のひとつと言われていますので、このように言うのは絶望の淵が見えてしまいそうですが、人は基本的にダイエットが出来ません。
食欲はあるのですから、それを無理やりねじ伏せて食べたいのに食べない状況を作るということが、そもそもから矛盾している訳です。

で、その上で無理無理ダイエットをした結果、数か月も経たない内にリバウンド…まあここまでが、一般的なダイエットの流れ、顛末だと言っても差し支えはありません。
つまり、人の身体はダイエットに向いていない、ダイエットが出来る前提で作られていないのです。

ですが、きちんとダイエットを成功させている人もたくさん居ます。
だから上記の理屈が通らないことになるのですが、実はそういう人というのは別にダイエットを無理無理やっていない、格別人の身体に逆らっている訳ではないのです。
きちんとダイエットをするコツを理解していて、それに基づいて結果を出しているだけですので、何らおかしいことではないのです。
ではそのコツとは一体何なのか、以降でその全てを網羅してみますので、是非是非ご参考、ご活用下さい。


■「我慢」という発想をなくす
ダイエットに付き物と言える「我慢」ですが、まずは大前提としてこの発想をなくすこと、「我慢」という考え方を頭の中から外すことが、確実なダイエットに向けて必要なものとなります。
その理由ですが、我慢という行動は人にとってネガティブなもの、負の要素であることはその行動から伺えると思いますし、実際「嫌なこと」と認知されていると思います。

そしてその嫌なことというのは人にとってのストレスとなり、そのストレスこそが食欲が止まらない人にとっての最大の弊害になることがあるのです。
下手をすればそのストレスにより、目標体重どころか現体重を上回ってしまうとか、結果的にリバウントという憂き目に遭うかもしれないので、決して無視することが出来ないと言えるでしょう。

では具体的にどのようにすればいいのか、どんな発想であればいいのかが問題となるのですが…これについては、それほど問題はなく意識改革が出来ると思います。
肝心なのは結果であり過程ではないのがダイエット…その前提を考えれば、逆に言えば結果さえ伴えばその過程というのはある程度容認されるということになりますよね?

あまり過程が雑だったり適当だったりしてしまうと、健康面に被害が出る恐れがあるのであまり過程を無視する訳には行きませんが、ある程度だったら問題がない訳です。
その事から、ダイエットの途中でもご褒美として好きな物を食べたり、何でも食べ放題の日をたまに設けるなどをして、ストレスが溜まらないようにすべきなのです。

人は先の見えない、または非常に遠い目標に何もなく突き進むことが苦手です。
最初こそ壮大な目標を打ち立てても、それだけを目的にして真っ直ぐ向かって行くことは、大多数の人には極めて困難なのです。
ですので時折自分にご褒美をあげる、休憩をするなどをしてストレスを和らげ、「また明日から頑張ろう」という英気を養うという観点を持つことが重要になります。

それをすることで、ストレスは最小限で最大の効果を上げられることが期待出来ますので、食欲が止まらない人も効率的にダイエットが出来るでしょう。
とどのつまりが、それが二、三日に一回では困りますが、二週間に一回などの頻度で「たまには自分に優しく」が必要なのです。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●男子が好きな髪型とは何か?どのような髪型がモテるのか解説していきます!
●男子がキュンとする言葉とは?知っておくと良いことなど徹底解説していきます!
●アンチエイジングに効く食べ物とは?どんな効能があるのか紹介していきます!