夏のBeautyケア


ムダ毛の処理①

肌見せの季節、特に気になるムダ毛。
夏の肌は、日焼けにムダ毛の処理と大きな負担がかかっています。肌に優しい方法で処理し、 肌をいたわりながら綺麗になりたいですね。

★毛の周期
毛の周期は「成長期」→「退行期」→「休止期」の3段階。

実は、今皮膚から生えていることが確認できる毛は全体の約3分の1。
毛には、1本1本異なる毛周期というサイクルがあり、処理をしても皮膚の下で待っている毛がすぐに生えてきてしまいます。

★毛の伸びる早さ
部位によって毛が伸びる早さは異なります。
同時に処理をしても伸びてくる早さは異なるのはこのためです。

【1日に伸びる毛の長さ】
・わき:0.3mm
・腕:0.2mm
・ひげ:0.4mm
・まゆ毛:0.2mm

★毛が濃くなる原因
性ホルモンの影響でムダ毛が濃くなることもあります。またバランスの悪い食事、 不規則な生活、ストレスなどの影響によっても毛が濃くなる恐れがあるのです。 当たり前のことですが規則正しい生活を心がけましょう。

★ムダ毛処理の方法
間違った方法でムダ毛の処理をしてしまうと埋没毛や色素沈着など肌トラブルを招く原因となってしまいます。 各処理方法のメリット、デメリットを理解しましょう。

①カミソリで剃る
○:簡単に処理でき、肌の負担も少ない
×:すぐに生えてくる、チクチク感がある

Question.
カミソリで剃ると毛が濃くなるの?
Answer. ×
それは間違い。
普通、毛先になるほど細くなっていますが、剃ることによって毛の断面が大きくなります。 それにより濃く見えるだけで実際に濃くなるわけではありません。

②毛抜き
○:毛根から抜くため仕上がりがきれい、なかなか生えてこない
×:痛みがあり、埋没毛、炎症など肌トラブルが起きやすい。

③除毛
○:痛みがなく広範囲の毛を処理できる
×:毛根から処理しないため生えるスピードがはやい、かぶれる可能性がある

④テープ・ワックス
○:一度に広範囲の処理ができる
×:かぶれる可能性、痛みがある

⑤レーザー脱毛
○:楽に確実に脱毛ができる。お肌もきめ細かくなる。
×:即効性がない。2~3ケ月おきに数回通う必要がある。施術中痛みがあるものもあり、お金がかかる。

本格的に脱毛したいなら、エステやクリニックでのレーザーを使った脱毛がおすすめです。

それぞれのメリット、デメリットは理解できたでしょうか?次回は部分別ムダ毛処理の方法をレクチャーします。