夏のBeautyケア


ヘアケア

体の中で、一番集中して太陽を浴びる場所でもある髪。 夏の強い日差しによって、肌だけではなく髪も日焼けしてしまいます。 今からしっかりと対策してうるおいヘアをキープしましょう!

★日射量・紫外線が一番強い時期
日射量:5月、7~8月
紫外線量:11:00~12:00(10:00~14:00)

実は紫外線が一番強いのは最も暑いと感じる手前なのです。
ジリジリと暑い天気でなくても事前のケアが必要ですよ。

★紫外線による髪へのダメージ
紫外線を浴びると髪の主成分であるタンパク質の構造が変化し、 髪のうるおいを保つキューティクルがはがれてしまい以下のようなダメージを受けてしまいます。

・ハリツヤがなくなる
・髪がパサつき、ごわつく
・色素が抜ける
・切れ毛、枝毛が増える
・かゆみ、ふけが出る
・夏が過ぎると抜け毛が増える

これらを避けるため、しっかりと対策をしましょう。

★ヘアケア対策
①UVカット効果のあるヘアスプレーやスタイリング剤の使用
②UVカット効果のある流さないトリートメントの使用
③頭皮マッサージで血行を促進
④日傘や帽子をかぶる

POINT
UVカット効果がある通気性のよい帽子がおすすめ。蒸れてしまうと細菌が繁殖し髪が痛む原因となってしまいます。

★夏のレジャーでのヘアケア対策
夏に行うレジャーでの対策方法をレクチャー!

・海水浴
海水の浸透圧によって髪の水分が奪われて乾燥してしまいます。 そのまま紫外線を浴びてしまうと更にパサパサに!できるだけ早くシャワーなどで海水や汗をおとしましょう。

・山
高い場所へ行くほど紫外線のパワーは大きくなります。山ではしっかりと帽子をかぶってカバーしてください。

★体の中からヘアケア
バランスのよい食事で髪を紫外線から守りましょう。

・タンパク質
髪の主成分であるタンパク質は重要です。
動物性タンパク質の方が手っ取り早く摂取できるのですが、脂肪分も多いため摂り過ぎてしまうと 皮脂の分泌が増加してしまいます。大豆、玄米、いも類、肉、魚、卵、乳製品などをバランスよく食べましょう。

・ビタミンA・B・C・E タンパク質をうまく体に取り込むにはビタミン群が必要となります。
特にタンパク質代謝を行うビタミンBと、体の中でつくられないビタミンEを積極的に摂取するのがおすすめ。

・海藻類
髪の色を良くしたり、腸の働きを活発にし、栄養の吸収を助けます。

紫外線の多い季節にどれだけ対策できたかで秋からの髪は変わってきますよ。
一年中美しい髪でいられるようしっかりケアしてくださいね。