体内から美しくなろう


筋肉年齢を下げよう

★筋肉の働き
筋肉は体を動かすだけでなく、様々な働きがあります。

①血液循環作用
筋肉の収縮により、血液を心臓に戻すポンプの働きがあります。

②体温調節機能
寒い時、震えるのは、筋肉を震えさせることで体温を作り出すという役目があるからです。

③脂肪燃焼作用
筋肉を働かすエネルギー源は血液中の糖質と脂肪。脂肪の燃焼にも筋肉の働きは重要です。

★「筋肉年齢」
筋肉を若く保つためには、筋肉を使うことが大事です。

①筋力をつけよう
30歳を超えると、運動をしない筋肉は脂肪に変わってきてしまいます。
簡単なスクワット、腹筋、背筋からはじめ、筋力の衰えを防止しましょう。

②タンパク質をとろう
タンパク質は筋肉やホルモンをつくる大事な栄養素。アミノ酸を一緒に摂取すると、タンパク質の働きを手助けしてくれるため効果的です。

③口の筋肉を鍛えよう
口の筋肉が衰えると、老けて見え、いびきもかきやすくなってしまいます。
よく噛んで食べることで、歯の衰えも防ぐことができます。

★口周りを鍛えよう
・あいうえお体操
あいうえお…と大きく口を開け、口周りの筋肉を意識しながら「あ」から「ん」まで声にだしていってみましょう。

難しいことは必要ありません。日常の中で行えるものを習慣にしていくことが大事です。
負担にならない程度に続けていきましょう。