体内から美しくなろう


骨年齢を下げよう

★骨粗しょう症について
最近では若い人もなりやすいと言われている骨粗しょう症。
若いうちから、しっかりと骨量を増やしておくことが重要です。

★骨粗しょう症の原因
骨粗しょう症の原因は、環境の影響が強いとされています。

以下を、チェックしてみましょう。

□カルシウム不足
□喫煙
□アルコールの飲み過ぎ
□カフェインの摂り過ぎ
□ダイエット等による過度の体重減少
□運動不足

当てはまるものが多いほど骨粗しょう症の危険性は高くなります。あなたの生活習慣は大丈夫でしたか?

★「骨年齢」
骨年齢を下げるために、環境から見直していきましょう。

①たばこを吸わない
アンチエイジングにたばこは禁物。
たばこはカルシウムの吸収を妨げ、骨細胞に毒として働き、骨密度を減少させる作用があります。

②定期的に軽い運動をしよう
なるべく歩いたり階段を使うクセをつけましょう。
血のめぐりが悪くなると骨が折れやすく、骨粗しょう症の原因となってしまうため、軽い運動によって血のめぐりを良くし、骨を強くしましょう。

③ミネラルを摂取しよう
骨の形成に必要なカルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラルを乳製品、ナッツ類、大豆製品から上手く摂取しましょう。

POINT
カルシウムだけでは体に吸収されにくいため、ビタミンDを含む鮭、さんま、かれいなどの魚類やしめじ、しいたけなどのキノコ類と一緒に摂取するようにしましょう。