体内から美しくなろう


皮膚年齢を下げよう

体内年齢は、「皮膚年齢」「骨年齢」「筋肉年齢」「心臓・血管年齢」「脳・神経年齢」の5つで判定します。
それぞれ、体内年齢を下げる方法をレクチャーします。

★「皮膚年齢」
皮膚年齢に重要なのがターンオーバー(表皮の新陳代謝)。
約28日周期で生まれ変わるターンオーバーですが、ストレスや紫外線を受けると遅くなってしまうことも。
ターンオーバーが遅れると、老けて見えたり、シミが残る原因となってしまいます。

【皮膚年齢を下げる方法】
①抗酸化食材の摂取
活性酸素をやっつける抗酸化食材を積極的に摂取しましょう。
例えば、カテキンを含む緑茶やポリフェノールを含むものが効果的。
またアーモンドなどのナッツ類、アボカド、タラコ、大豆などに多く含まれている「若返りのビタミン」ビタミンEもGOOD!うまく働かせるためにはビタミンCと一緒に摂取しましょう。

POINT
たばこは活性酸素を発生させるためNG!

②1日2リットルの水を飲もう
便秘は肌荒れの原因にもなります。
こまめに水分補給をし、体内の代謝をあげることで美肌効果が得られます!

③6時間以上の睡眠を
美肌には睡眠が不可欠です。
肌のターンオーバーが積極的に行なわれるのは睡眠中。
特に24~26時にしっかりと睡眠することが重要です。
また眠りを調整するメラトニンにはシミの原因に対抗する効果があるため、しっかりと睡眠をとりましょう。

POINT
メラトニンの分泌を促すためには部屋の明かりは消して睡眠すること。
そして朝起床したらしっかりと太陽の光を浴びましょう。