知っておくべき女性の知識


[見分け術]果物/魚

★新鮮な果物の見分け方と保存方法

【1】色で見分けるもの
□いちご
・全体に色つきがよいもの
・つぶつぶがハッキリしているもの
・ヘタが乾燥してないもの

POINT
ヘタを取って水洗いするといちごは弱り、ビタミンCも流れてしまいます。食べる直前に洗うようにしましょう。

□りんご
・重量感があるもの
・おしりまでよく色づき、くぼみが深いもの

POINT
りんごは成長ホルモンであるエチレンを発します。他の野菜や果物と一緒に保存することで様々な効果を発揮します。

□【効果】
└じゃかいもの芽を出にくくする
└果物や野菜の成熟を促す

□みかん
・色が濃いもの
・ヘタは緑で小さいもの
・へその部分が出ていないもの

□ぶどう
・皮の色が濃く、実にハリがあるもの
・果粒に白い粉(プルーム)が付いているもの
・粒が均等にたくさん付いているもの

POINT
プルームは食べる直前まで洗い流さないようにしましょう。

□バナナ
・付け根がしっかりしているもの
・黄色く色づいたもの

POINT
①低温障害に注意
バナナだけではなく南国の果物は寒い所が苦手。冷蔵庫にいれてしまうと、黒く変色します。これは熟したわけではなく低温障害をおこした状態。味も落ちるため注意してください。

②食べごろ
皮に黒っぽい斑点(シュガースポット)が出てきたら食べごろです。

□グレープフルーツ
・丸みがあり、重たい物
・色が鮮やかでハリがあるもの
・皮がなめらかなもの

【2】重さで見分けるもの
□梨
・重く丸いもの
・表皮に赤みがあるもの

□柿
・赤く色づきずっしりしたもの
・ヘタと果実にすきまがないもの
・重いもの

□メロン
・重いもの
・網が細かく均一に広がっているもの
・盛り上がりが高いもの

POINT
メロンを指でポンポンと弾いてみましょう。
高く澄んだ音:未熟
低く濁った音:食べごろ
と言われています。

【3】感触で見分けるもの
□桃
・全体に赤色が付いていて多少柔らかいもの
・皮にまんべんなく産毛があるもの

□スイカ
・叩いたときポンポンと響くもの
・緑と黒のしまがはっきりしているもの
・お尻が小さいもの

★新鮮な魚の見分け方
魚は鮮度が重要!新鮮なものを見分けるポイントがあるので、しっかり覚えてくださいね!

①そのままの場合
・身に弾力がある
・白っぽくなっていない
・目に血が混ざって赤くなっていない
・目が白く曇っていない
・うろこが綺麗に揃っているもの

②切り身の場合
・身がしまっていて割れていないもの
・血あいが濃い紅色のもの(赤身)
・身に透明感があるもの(白身)
・パックに魚の汁が出ていないもの

これで、もっとおいしい食材を選ぶことができるかもしれないですね!次回はお水についてレクチャーします。