香りでハッピー


香水の豆知識

香水のちょっとした豆知識をご紹介します。
知っておくだけで、もっと上手に香水を使うことが出来るようになるかも

★香水の豆知識
【1】汗をかこう
実は汗をかいて、毛穴が開くと、香りがより美しく広がります。
そのため、本来の香りを引き出すには毛穴が清潔であることが重要です。 普段から汗をかいて、毛穴に汚れが詰まってない人ほど美しくに香らせることができるのです。

【2】つける人によって香りは変わる
つける人の体温・体臭・肌のPH度のバランスによって香り方は変わります。
実は香りが甘く、重たくなってしまいがちなのが女性よりも脂分が多い男性なのです。

POINT
□体温
・高い人
⇒香りが広がりやすい
・低い人
⇒控えめに香る

□香りの持続
・オイリー肌>乾燥肌
オイリーな肌質の人の方が香りが持続しやすい

□香り方
・脂分しっとりした肌
⇒香りが甘くなる
・脂分の少ない肌
⇒さわやかに香る

【3】季節によってつける量が変わる
冬はつける量を少なめにしましょう。夏の1/2の量で同じ厚みの香りになります。

【4】国によって香りが変わる
国によって天候が違うため、湿度も異なります。
香水は湿度によって香り方が変わってくるため、国によっても香りが変化するのです。
海外で香水を購入する場合は、軽めの香りにしておくと失敗が少なくなりますよ。

【5】色でイメージング
香りのイメージに合わせ、香水にも色付けされています。
ただ色によっては、洋服などについてしまった場合、困ったことになる可能性も。 香水は直接肌につけるようにしておくとトラブルを回避できますよ 。

【6】シナモンやバニラの香りで愛され効果!?
男性はシナモンやバニラの香りに愛を感じるという研究結果があります。また。シナモンは性欲促進薬とも言われていたんですよ。
彼や気になる人とのおでかけに有効かもしれませんね!

【7】昔はお香だった
英語の香水「perfume」はラテン語の「perfume」。
つまり「煙を通して」という言葉が起源です。香水の最初の形式はお香だったんですよ。

【8】香水には大流行がない
香水は、洋服などと違って大多数の人が認め得るほどの大流行がほとんどありません。その理由がいくつかあります。

①全ての人が使用するわけではない
洋服と違い、香水は全ての人が使っているわけではありません。

②他人の香水を具体的に知ることがない
洋服などと違い、香りは目に見えるわけではありません。 いい香りだと思っても、ほとんどの場合、他人が何の香水を使用しているのか知ることができません。

③香りの識別能力
人間の香りを識別する能力は弱く、香りをしっかりと認識することが難しいこともひとつの要因です。

④頻繁に購入しない(買い換えない)
多くの人は、同じ香水をリピートします。また1回購入すると、長く使用できるので、香水の購入サイクルが長いことも要因です。

いくつか香水の豆知識をご紹介しましたが、知っているものはありましたか?豆知識って意外と面白いですよね! 次回はアロマテラピーについてご紹介します。