知っておくべき女性の知識


[テーブルマナー]洋食編

★テーブルマナーはなぜ必要?
テーブルマナーを守ることによって、皆が気持ちよく食事を摂ることができます。また食事や食材を作ってくれた人に対しての感謝のふるまいでもあります。

★普段から使えるマナー
①食事中、テーブルにひじをつかない
②髪の毛を触らない
③周りに食べるペースをあわせる
④1口ほどの大きさにその都度切って食べる
⑤お皿に残ったものは1箇所にまとめる

★洋食のマナー
【1】席についたら気をつけたいこと
①バックは左側に置く
出入りは椅子の左側から行います。ということは、隣の人に迷惑にならないようバックは腰の左横、背もたれの前や自分の左床下に置きます。

【2】ナプキンの使い方
①ナプキンの役割
・食事中に衣服を汚さないため
・口元や指先の汚れを拭くため

②ひざにかけるタイミング
オーダー後、または全員が着席したあとに膝の上にのせましょう。食前酒や食事が運ばれるまでに必ず行っておきましょう。

③ナプキンの置き方
輪を手前に2つ折りにして置くのが基本です

④離席時
軽く畳んで、椅子またはテーブルの上に置くか、椅子の背もたれの部分にかけておきます。 使用した部分は、上手に中に折り込んでおきましょう

POINT
ナプキンを床に落としてしまったときは自分では拾わないこと。サービス係の人を呼んで拾ってもらい、新しいものを受け取りましょう。

⑤お食事終了時
食事が終わり帰る場合には、ナプキンはテーブルの上に軽くたたんで置きましょう。 この時きちんと畳むと満足できなかったという意味になってしまうので気を付けましょう。

POINT
ハンカチ、ティッシュはNG!
ナプキンが用意されているのに、自分のハンカチやティッシュを使用するのはNG!「このナプキンは不潔で使えません」という失礼な意味になるので注意しましょう。

【3】ナイフ、フォーク、スプーンの使い方
①使う順番
ナイフやフォークは一対になっているので、外側から使っていきます。

②食事終了のサイン
食事中は、ナイフやフォークをハの字にして置きます。
この時フォークは下向きにします。食事を終えたら、ナイフは刃を手前に向けフォークを上向きにして右端に揃えて置きましょう。

POINT
ナイフやフォークを落としてしまった時はナプキン同様サービス係にお願いしましょう。自分で拾うのはみっともないので避けて。

【4】洋食マナーのいろいろ
①フィンガーボウルってなに?
フィンガーボールは殻のついた海老など、フォークやナイフで食べにくい料理についてきます。これは手を使って食べてもOKということ。 片手ずつ第二関節くらいまでつけ、指をこすり合わせるようにして洗いましょう。ぬれた指はナプキンでそっと拭いて。

②スープの正しい飲み方は?
スプーンを手前から奥へと動かしてすくいましょう。
音をたてずに飲むのがマナーです。スプーンですくえない量になったからといって、皿の手前を持ち上げてすくうのはNG。

③ワインを注がれるときグラスを持たない
注いでもらったものを飲まないのは失礼にあたるため、必要のない時は、軽くグラスに手をかざして断りましょう。また同席者からすすめられた場合は言葉でやんわりと伝えるように。

次回は和食・中華などのマナーについてレクチャーします。