快適★サマーライフ


夏バテの原因と対策

★夏バテ
日差しが強く暑い夏。ついついクーラーの効いた部屋に閉じこもったり、 冷たいものばかり食べてしますよね。そんな夏の生活が引き起こす夏バテついてレクチャーします。

★夏バテの原因
①暑さによるストレス
暑さそのものがストレスになって、自律神経のバランスが崩れやすくなります。

②体力・気力の低下
以下の要因によって体力・体調が低下しがちに。
□熱帯夜が続いて眠れない
□食欲がない
□体内の血液循環量の低下
□水分や塩分不足により元気が出ない
□運動不足

③クーラーによる「冷え」
室内と室外の温度差が激しいため、自律神経のバランスが保てなくなり、夏冷えの状態になってしまいます。
体温が下がると、肩こり、頭痛、頭が重い、だるさ等、体に負担がかかります。
特に女性は冷えによる体調が乱れやすくなるので注意しましょう。

④生活リズムの乱れ
□気持ちにハリがなくなる
□イベントも多く夜更かししがちになる
□子供が家にいることで普段より忙しくなる
□帰省や旅行で疲労がたまる

★夏バテ対策
たるんだ「夏休みモード」をリセットすることが大切。
「いつもと同じ」生活のリズムを整えましょう。

①体を冷やしすぎない
室内の温度は28度を目安に、室内外の温度差を5度以内にしましょう。
入浴はシャワーではなく、ぬるめのお湯につかって体を温めるのがおすすめ。

POINT
冷えチェック
膝の後ろや首の後ろ、二の腕を触ってみましょう。
これらは冷えやすい部分なので、触って冷たかったら体が冷えている証拠です。
また、冷えやすい部分の汗は、しっかりふき取ることが大事です。

②汗対策ファッション
綿100%素材は吸収力に優れますが、速乾性が弱いため、汗を吸って冷たくなるので避けるようにしましょう。
水を弾くポリエステル素材は乾きにくく、においの原因となるため注意してくださいね

③冷え対策ファッション
スカーフやカーディガンなどを使用して、室内外の温度差に対応できるようにしましょう。
体を締め付ける服やきついブラジャーは、血液循環を悪くするため注意してください。

★食生活のポイント
①ビタミンB1、鉄分、たんぱく質がオススメ!
□ビタミンB1
→大豆、豚肉など
□鉄分
→レバー、海藻、豆類(豆腐なども含む)マグロなど
□たんぱく質(動物性&植物性)
→豆類、うなぎ、マグロなど
もちろん、ご飯や麺類などの炭水化物も必要ですよ。

②香辛料を上手に取り入れる
□山椒、こしょう、しょうがなどを少量料理に加える
→胃の粘膜が刺激され消化液の分泌が活発になり食欲が増進します。
□カレーなどのスパイス
→自律神経に働きかけて体温を上げ発汗を促進します。汗が蒸発するときに体温が下がるため、涼しく感じる効果も。

③食中毒・食あたりに注意
□手や調理器具をよく洗う
□調理した食品は早く食べる
□肉類はしっかり火を通す

★お弁当の注意点
□ごはんとおかずは別々に詰めよう。
→鳥そぼろ弁当など、ごはんに直接おかずをのせる食品はいたみやすいので注意。
□おかずは一品ずつアルミカップなどで仕切る。
□冷ましてからおかずを詰める
□指先は使わず、箸やスプーンで詰める。
□ハンバーグなどは、あらかじめ小さく作る。
→調理後に切ると細菌がつきやすい