香りでハッピー


香水のNGとフェロモン香水

今回は香水のNGとフェロモン香水についてご紹介します。まずはその前に、香水の入れ物のタイプ別に良い点と困った点をご紹介します。

★ボトルタイプとスプレータイプ
香水の入れ物にも、様々なタイプがあります。特に多いボトルタイプとスプレータイプについてお教えします。

【1】ボトルタイプ
□GOOD
・スプレータイプより低価格。
・アトマイザーへの詰め替えが楽。
□BAD
・空気に触れる機会が多いため、酸化しやすい。

【2】スプレータイプ
□GOOD
・簡単にまんべんなくつけられる。
□BAD
・アトマイザーへの移し変えが大変。
・香りが飛びやすく、やや薄めに感じる。

このように、入れ物によって特徴があります。入れ物にも注意して商品を選んでみてくださいね!

★香水のNG
ここからは香水に関するやってはいけないことについてレクチャーします。

①香水を混ぜる
数10種類~数100種類の香料を絶妙なバランスで配合したものが香水です。 1日で違う香水を使用するのは、避けましょう。

POINT
系統が同じであり、香りの軽いものから重いものへつけかえるならOKです。

②直射日光を避ける
ムスクなど動物性の香りは直射日光により強く香りすぎたり、しみになる可能性があるため、 直射日光が当たる場所に置かないよう注意しましょう

③シルクや毛皮、なめし革はNG
1滴でも取り返しのつかないダメージを受ける場合があるので、これらの素材には注意が必要です。

④茶色の香水
色が衣服に染みる可能性があるので、注意してくださいね。

⑤つけすぎ
すれ違った人の香りにむせそうになったことはありませんか?
本来気持ちいいはずの素敵な香りで、不快な思いをすることになってしまってはせっかくの香水が台無しです。 つける位置や量には注意してくださいね。

POINT
人は、他人の香りには敏感なため、慣れるまでは自分では「あまり香らないなぁ・・・」と思うくらいがおすすめです。

★フェロモン香水
一度は聞いたことのあるフェロモン香水。どんなものか知っていますか?

【1】フェロモン香水って?
フェロモンのうち「ヒトフェロモン」を含んだ香水のこと。
異性を魅了する作用があると言われているヒトフェロモン配合香水。男性用と女性用に分けて売られています。

【2】フェロモン香水のここがすごい!
実際にヒトフェロモンが効果を発揮してくれているかどうかは別として、 香りは、人間の感情をコントロールすることができるためフェロモンをまとっていると思うだけで 自信あふれる自分になれることが特徴です。
フェロモン香水の香りは、積極的で、今までとは違う自分を演出する効果もあるのです。

【3】効果があるのはヒトフェロモンだけ
フェロモンと書いていれば、なんでもいいわけではありません。 フェロモンは同じ生物間でしか作用しない物質なので、ヒトに効果があるのはヒトフェロモンだけなのです。



例えばムスクやシベットなどもフェロモンの一種と言われていますが、これらはジャコウジカなど他の動物から得られるフェロモンなのです。
ということは、このフェロモンはジャコウジカに効いてもヒトには効くことはありませんので注意してくださいね。

次回は香水の保存方法についてご紹介します。