香りでハッピー


香水の香り方

実は香水っていつでも同じように香るわけじゃないんです。つける位置でも変わってくるんですよ。

★つける位置と香り方
【1】体温と香り
体温によって香り方は変化します。体のどの部分につけるのが効果的かわかりますよ。

①大きな血管が通っている部分
暖かい部分につけると、香りはまろやかに広がり、本来の香りを楽しめます。

②一番血液が通る心臓部分
香りが強くなりすぎてしまう可能性があるので注意しましょう。


【2】注意が必要な部分
①両耳と胸を結んだVゾーン
自分の鼻に近いため、香りに酔ってしまう可能性があります。

②足の裏やわきの下など匂いの気になる部分
汗によって香りの成分が失われ、逆に不快な香りになってしまうため避けるようにしましょう。またシミができる可能性も。

③うなじや手首
他の人や自分の鼻に近づくことが多いため、つけすぎには注意が必要です

【3】各部分の香り方
つける場所によって香り方は変わってきます。自分の理想の香りのまとい方ができるようになるといいですよね!

①肩
ほどよくまろやかに香り、自分の香りもわかりやすい位置です

②手首の内側
脈打つたびにほのかに香ります。動きが多いため、つけすぎには注意しましょう。

③ひじの内側
香りが立ちやすい部分です。手首だとアクセサリーが気になる人は、ひじがおすすめです。

④ひざの裏
香りが強くならないため、初心者でもつけやすい位置です。 香りは下から上へ立ち上がるので、香りが全身をふんわり包んでくれます。

⑤足首
つけすぎがちな人は鼻から遠い足首がおすすめ。動くたびに香るのも魅力です。

⑥胸
難しい位置なので、つける場合はごく少量を1ヶ所に。抱きしめられた時などに強く香ります。

⑦腰
腰につけると全体がバランスよく香ります。初心者さんでも安心な位置です。

⑧髪の毛
すれ違った時や、髪をかきあげた時などふんわりかすかに香ります。ただし、アルコールで髪が傷むのでつけ過ぎに注意です。

⑨うなじ
濃度の高いものを少しだけつけるのがおすすめ。うなじと髪の両方で香る感じがします。

POINT
体温の高いところにつけると香りが丸くなります。さらに香りは下から上へ広がる、といった特徴があります。

★香り別のつける位置
□ライト系の香水
└上半身につける
香りが揮発しやすいため下半身につけると飛びがはやく、物足りなく感じます。

□リッチ系の香水
└足首やひざ裏、腰から下
主張しすぎず程よく香りが立ち上ります。香りに敏感な人は上半身につけないよう注意です。

是非参考にしてみてくださいね!次回は香水の選び方についてご紹介します。