ガールズコラム

栄養素の話 第二十九回 乳酸菌とビフィズス菌

乳酸菌はヨーグルトやチーズ,漬け物や味噌などの発酵食品を作る菌として古くから利用されていました。
糖を分解して乳酸を作る菌の総称を乳酸菌と言います。
ビフィズス菌は、乳酸菌とは厳密には別物なのですが、一般的には乳酸菌の仲間としてとらえられることが多いです。

最近の調査によると、腸内細菌の数は1000種類以上、9000兆個にも及ぶことがわかりました。その中で善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌はほんの一握りにすぎないそうです。
そのわずかな善玉菌をいかに元気にするかが、腸を健康に保ち、お通じを良くするポイントになります。

これらの乳酸菌は整腸効果があることはご存知と思いますが、乳酸菌とビフィズス菌のチカラはそれだけではありませんよ。

ビフィズス菌を摂ると免疫力が高まり、発がん物質などを体外に排出するため、癌の予防になります。
それ以外にもコレステロールを下げる、高血圧の改善、アトピー性皮膚炎の改善など、腸の状態を健康に保つ乳酸菌やビフィズス菌は健康にとってなくてはならない菌なのです。

そのビフィズス菌も効率のよい摂り方があります。
まず、ビフィズス菌・乳酸菌は胃酸に弱いので、食後の胃酸が弱まったときに摂るのが良いとされています。また食物繊維は善玉菌の栄養になるので、食物繊維の豊富な食べ物も同時に摂ったほうが効果があります。

ビフィズス菌は一度摂るとずっと腸内に住み続けるわけではなく、数日から長くても一週間ほどで体外に排出されますので、ビフィズス菌・乳酸菌は少量でも毎日摂ったほうがよいです。

乳酸菌は単一の菌ではなくいろいろな菌を摂った方がよいと言われています。
そして、人によって腸内細菌が異なるため、合わない菌などもあります。
二週間ほど摂っても変化がないようでしたら、別の菌に変えてみると効果がでる場合もあります。
ヨーグルトやサプリメントなどいろいろと組み合わせて摂るのも良いでしょう。