ガールズコラム

栄養素の話 第三十回 コラーゲン

コラーゲンとは、タンパク質の一種でアミノ酸が結合してできているもので、体内のタンパク質の1/3がコラーゲンでできています。

お肌の70%がコラーゲンで構成され、皮膚以外にも血管や骨、関節、目、髪などの身体内にも存在しています
肌にハリを保ち、シワのないなめらかな肌を維持する真皮を構成する主な成分がコラーゲンです。

加齢や紫外線などにより、コラーゲンは硬くなったり量が減ります。これが、肌のたるみ、シワをつくる原因となります。コラーゲンは20代までが最も多く、それ以降は減少傾向にあり、40歳代ではコラーゲンの量が半分以下になるといわれています。

コラーゲンは保湿性があるので、化粧水などにも使われますね。
では食品の場合はどうなのでしょう?

コラーゲンを含む食品は、フカヒレ・鮭・うなぎ・スッポン・鶏の皮・手羽先・アンコウ・カレイ・なまこ・サザエ・豚足・牛すじなどがあります。
よくコラーゲンを含む食べ物は美肌に良いように宣伝されてたりしまね。
でも経口摂取したコラーゲンは体内でアミノ酸に分解されてしまいますので、食べたコラーゲンがそのままコラーゲンとして取り入れられるわけではありません。
ただコラーゲンの中に含まれる「ヒドロキシプロリン」はコラーゲンを作るのに必要な物質で、これは天然ではコラーゲン以外に含まれいませんので、「ヒドロキシプロリン」を取り入れることで、新たに体内でコラーゲン作るのには役立ちます。

結論を言いますと、コラーゲンを含む食材は確かにコラーゲン生成に役立ちますので無駄ではありませんが、多少摂ったくらいでは美肌効果がでるほどの差異は出ません。
コラーゲンの摂取で美肌効果を求めるには、少量でも長期間摂取し続けなければ意味が薄く、また脂肪分が多い食材が多いので食べすぎると却って体に悪いので、無理にコラーゲンの多い食材を求める必要性はありません。
サプリメントでコラーゲンを補うのでしたら、低分子コラーゲンペプチドを使用したものが、通常のコラーゲンよりも身体への吸収力が高いので、より効果があるようです。
乾燥肌や肌あれに悩むことがあれば、低分子コラーゲンペプチドを摂ってみるのもよいでしょう