ガールズコラム

栄養素の話 第三十一回 ごぼう茶の効能(サポニンとイヌリン)

TVで紹介され、驚異の若返り作用で知名度があがったごぼう茶。
そのパワーの秘密は、サポニンとイヌリンという成分にあります。

もともとごぼうには食物繊維が豊富で、ごぼうの抗酸化能力は野菜の中でもトップクラスと言われています。
その中でも注目されているのはサポニンとイヌリンの二大成分です。

サポニンはゴボウの皮に含まれるポリフェノール。
サポニンは水と油の両方に溶ける性質があり、血管のコレステロールを除去したり、血中脂質を低減させる働きがあります。
さらにサポニンには、天然の界面活性作用があり、血中の悪玉コレステロールを分解してくれるのでダイエット効果があります。

イヌリンは、水溶性の食物繊維です。糖の吸収を抑制し血糖値の上昇を抑える働きがありので、こちらもダイエットには効果的です。
イヌリンには腎臓機能を高めて利尿作用を良くする効果があるため、むくみを解消でき、体内の老廃物を排出するので、デトックス効果も期待できます。

このように素晴らしく健康によいごぼうですが、毎日食べるのはなかなか大変なので、ごぼう茶にすれば続けられます。

ごぼう茶は簡単に作れます。

まず買ってきたごぼうをたわしで洗います。あんまり力を入れて洗うと皮がむけてしまいますので(皮には大事なサポニンが含まれてます)、なるべく皮を残して洗います。

ごぼうを皮ごとをピューラで剥きます。
剥いたごぼうを天日干しで半日ほど干してください(風で飛んでいかないように注意)
次にフライパンで煎ります。だいたい五分くらい。少し焦げるくらいが丁度いいです。

これでごぼう茶のできあがり。後は適量をティーポットに入れて、お湯を注いだら完了です!

ごぼう茶を作るのが面倒な方は市販もされてますよ。

ごぼう茶はお通じにもよく、ノンカフェインですので、深夜に飲んでも大丈夫
味はそのままごぼうの味がしますので、ごぼうが苦手な人はちょっと薄めて飲んだりするといいかもしれませんね。