ガールズコラム

復縁したいときの言葉選びとは?復縁するための心構えから解説

別れても忘れられない彼がいる…そんな苦しい恋愛をしている女性も多いのではないでしょうか。
復縁するということには、障害がつきもの。
また、復縁したいのであれば、相手にかける言葉も選んでいかなくてはいけません。
今回は、別れた彼と復縁したいときにどんな心構えで臨んだらよいのかを解説。
そのうえで、復縁するための言葉選びや、使わないほうが良い言葉も紹介します。





■復縁するのは難しいこと?
世間一般では、復縁とは難易度の高いことだと言われています。
相手が自分から心が離れてしまった場合、その気持ちを取り戻すのは容易なことではありません。
しかし、復縁できる可能性はゼロではないのも事実。
復縁するためには、男性心理をよく知っておく必要があります。


一度好きになった女性のことは嫌いになれない
男性は基本的に、一度好きになった女性のことは嫌いにならないようです。
もちろん一緒にいることで苦痛を感じた場合は、離れる選択をすることもありますが、女性の思う「嫌いになる」とは少し違います。

女性の思う「嫌い」は、顔も見たくないほどの嫌悪感を持つことですが、男性の場合は付き合っていた女性のことをそこまで嫌うことは少ないようです。
むしろ、離れてから思い出が美化することも。
最初の段階から生理的に無理だと判断しない限りは、いくらでもまた気持ちが戻る可能性はあります。
そのため、もし一度付き合って別れた相手である場合には、十分に復縁の可能性はあるといえます。


都合が悪くなると遠ざけたくなる
それでは、男性が女性から離れたくなるのはどんなときかというと、シンプルに「自分にとって都合が悪くなったとき」です。
これは、他に好きな人ができた場合や、仕事が忙しくなってかまうことができなくなった場合など、あらゆるシチュエーションでも同じことが言えます。

また、女性に対して嫌気がさした場合でも、「都合が悪くなった」という表現がふさわしいといえます。
「自分に対して、カッコ悪いと思ってしまうような批判や否定が多い」「何かしてあげようと思えない、女性を喜ばせるという成果を得たいと感じられない」なども、男性にとっては「都合の悪いこと」です。


新しい刺激がないと飽きてしまう
男性が別れを切り出す理由のひとつに「飽きた」つまり「マンネリ化した」というものがあります。
これは狩猟本能がある男性からすると至極当然のことで、新鮮味がなくなると追いかけたくなくなってしまうのです。
自然と他の女性に目移りしてしまうことにもなります。

ただし、この「新鮮さがなくなる」はそれぞれのシチュエーションでスピードが異なります。
長い年月、ひとりの男性に対して新鮮さを感じさせられる女性もいるようです。
また、復縁するにあたっては、この新鮮さを感じさせる場面をつくると、叶いやすくなります。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●【強力!】好きな人から連絡がくるおまじないや呪文で恋愛成就32選
●子連れ再婚/結婚を不安がらないで!後悔しないで幸せを掴むための秘訣
●彼氏がワキガ体質の場合別れる?伝え方や結婚で起こりうる問題を徹底解説!