ガールズコラム

お見合い結婚は幸せになりやすい!好きになれる?などの疑問を調査

お見合い結婚ってどんなイメージがありますか?
昔っぽい、堅苦しい、断れない、など、恋愛結婚が主流の現代では何となくネガティブなイメージでとらえられがち。
それに、周囲でお見合い結婚した人も少ないのでいろんな疑問がありますよね。
決められた相手と結婚なんて本当に好きになれるのか、断れなかったらどうしよう、など知りたいことはいっぱいのはず。
実はお見合い結婚は幸せになりやすいと言われています。
そこで、お見合い結婚にあるメリットやデメリットなど、さまざまな疑問を調査しました。





■お見合い結婚と恋愛結婚、どちらがより幸せなの?
知らない人を紹介してもらって、結婚を前提に付き合うって確かに少し展開が早い気もします。
でも、恋愛だと付き合ってから結婚までに時間がかかることも。
お見合い結婚と恋愛結婚、どちらがより幸せな選択なのでしょうか。


そもそもお見合い結婚とは
お見合い結婚は結婚したい男女が第三者の仲介によって出会う習慣です。
英語ではarranged marriage(アレンジドマリッジ)と呼ばれます。
日本だけではなく、古くから世界中である習慣です。
主には親や親族によって紹介され、古くは家系にとって有益な相手と結婚させるなどがありました。

数十年前なら、会社の上司や上席が、結婚していない部下と自分の子とをお見合いさせることも。
そして上司が仲介人である仲人(なこうど)になり、結婚まで責任を持って両家を取り持ちます。
現在では上司が結婚について言及するとハラスメントになりますが、ひと昔前までは上司が仲人になることが少なくなかったのです。


出会いの時点でお互いに「結婚」を意識しているかどうか
お見合い結婚と恋愛結婚の大きな違いは、出会いの時点で結婚ありきかどうかです。
恋愛結婚は、恋愛をしてから婚約、そして結婚に至ります。
付き合う間に結婚相手として良きパートナーになるかどうかを知っていくのです。

対して、お見合いは結婚ありき。
お見合いする時点で相手の条件をある程度分かっています。
恋愛する相手としてではなく、結婚する相手としてふさわしいことが前提で出会うのです。
親同士がお見合いをセッティングしているなら、出会ったときから両家公認の仲となります。
そのため、出会いから結婚までのスピードは恋愛結婚よりも早いのです。


恋愛結婚は欠点を見落としやすい
恋は盲目と聞いたことはありませんか?
恋愛中は、冷静ではなく相手の全てが良く見えます。
ところが結婚は現実。
付き合っているときは素敵だった相手だったのに、結婚すると目が覚めてしまうことも。
結婚後に豹変する男性だと、理想とはかけ離れた結婚生活を送ることになります。

恋愛中はお互いに自分を良く見せようと努力するので欠点が見えにくいものです。
結婚で現実に戻ると、急に欠点ばかりが気になってしまうこともあります。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●【強力!】好きな人から連絡がくるおまじないや呪文で恋愛成就32選
●子連れ再婚/結婚を不安がらないで!後悔しないで幸せを掴むための秘訣
●彼氏がワキガ体質の場合別れる?伝え方や結婚で起こりうる問題を徹底解説!