ガールズコラム

人の気持ちがわからない人と言われた原因と治し方を紹介

人の気持ちがわからない、と感じたことはありませんか?
人の気持ちがわからないと、意図せず周りの人を傷つけてしまうことがあります。
空気を読めず、場の雰囲気を壊してしまうこともあるかもしれません。

もし、あなたが人から「人の気持ちがわからない人」といわれたことがあるのなら、知らず知らずのうちに大切な人を傷つけている可能性があります。
ここでは、人の気持ちがわからない人に向けて、特徴や直し方などをご紹介します。





■人の気持ちがわからない理由・心理とは
人の気持ちがわからない人には、共通する特徴があります。
もし、あなたが人の気持ちがわからない人から脱却したいのなら、まずは共通する特徴を理解しなくてはなりません。
もし、これからお伝えすることに心当たりがあるのなら、注意が必要です。
人の気持ちがわからない人の特徴を理解し、そこから改善策を見つけましょう。


相手に興味がない
人の気持ちを読み取る、理解するにはその人に対し興味や関心を持たねばなりません。
興味を持てば、「この人は今どのようなことを考えているのだろう」と考えますよね。

人の発言や行動に何の興味も示さない人は、相手が何を考えていようがまったく気になりません。
また、相手にどう思われてもいいと考えているため、気持ちを読み取ろうともしないのです。
そのため、人の気持ちがわからない人の多くは、周りの人から「冷たい人」と思われてしまいがちです。
このままだと、あなたの周りからどんどん人が離れていくかもしれません。


相手の配慮が当たり前
周りからチヤホヤされて育ってきた人だと、他人が配慮してくれることを当たり前だと思っていることがあります。
今までもそうされてきたため、それが当然だと思ってしまい、自分が誰かに配慮するといった考えが及ばないのです。
そのため、人から何かをしてもらったときも、感謝の気持ちを持つことができません。
あなたのために頑張ってくれたときや、力を尽くしてくれたときも、さも当然のような接し方をしてしまいます。

このような態度をとられてしまうと、あなたのために頑張ってくれた人はガッカリしてしまうかもしれません。
付き合い方を考えようと思われてしまう可能性もあります。
人から何かしてもらったら、感謝を気持ちを持ち、相手にその旨伝えることは大事な事です。


何も考えていない
周囲の人と表面上の付き合いしかしてこなかった人だと、相手の考えや気持ちを読み取ろうとしない傾向にあります。
表面上だけの付き合いなので自分の今後にも関わりがないと考えており、気持ちを読み取る必要もないと思っているのです。

このタイプの人は、周りの人も自分と同じように表面上の付き合いしかしていないと考えていることが少なくありません。
人との付き合いは表面上のものだと誰もが思っているはず、と考えている節もあります。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●恋愛下手な方が早く結婚出来るかもしれない、意外な5つの理由
●彼氏の部屋が汚い!片付けはどこまでOK?お母さんにならない為に
●自分の性格を把握することが恋愛を長続きさせるコツ!3つの理由