ガールズコラム

彼氏と距離を置くとは?男女別の理由や効果、ベストな期間を解説

恋人との関係に行き詰ったときや、何か集中したいことがある時期…。
恋人と距離を置きたいと思うことは珍しいことではありません。
しかし、距離を置こうと思っても不安に駆られてくじけてしまうことも良くある話。
距離を置くときにはポイントをおさえることで、ふたりの関係をより良いものへと導くことができます。





■彼氏と「距離を置く」ってそもそも何?
「恋人と距離を置く」という表現を使うことがあります。
これは会う頻度を下げたり、しばらく連絡を控えたりすることで冷却期間を設けるということ。
別れを前提として自然消滅を狙っている場合もありますが、マンネリや関係悪化が懸念される最中に、良い関係に戻すことを狙って行う場合もあります。


■距離を置くことに関する男女別の考え方の違いと理由
ひとことで「距離を置く」といっても、これはさまざまな動機や考え方のもとで起こすアクションです。
人によっても個人差がありますし、男女で傾向が分かれることも。
一般的に「距離を置く」ということに対して、どのように考えている人が多いのかを紹介します。

・男性:集中してやりたいことがあるから一旦距離を置きたい
・女性:自分の気持ちを再確認したいから距離を置きたい
・男女共通:関係に気疲れしたから距離を置きたい


男性:集中してやりたいことがあるから一旦距離を置きたい
男性に多いのが、仕事など何か自分が打ち込むべきことがあるため、彼女と距離を置こうとするというもの。
男性はシングルタスクなので、マルチタスクの女性のように仕事も恋愛も両立するということが苦手です。

集中しなければいけないことがあるとそちらに全エネルギーを注ごうとするので、たとえ休みの日やすきま時間であっても、なかなか彼女に時間を割こうと思えないのです。
また、仕事が理由である場合は、仕事を自己表現ができる大切なものととらえている場合が多いため、邪魔されると別れに繋がりかねません。


女性:自分の気持ちを再確認したいから距離を置きたい
女性に多いのが、自分の気持ちを再確認するために距離を置くというパターン。
モヤモヤした状態では付き合いを続けられないという心理から、自分の気持ちを整理したい場合に起こります。

一度離れてみてそれでも彼を必要と感じるのかを確かめたい場合に起こることが多いといえます。
また、特定の人との距離が縮まるとかえって窮屈に感じてしまう女性の場合には、適切な距離を取るために一度離れようともします。

→この続きはKOIMEMO(コイメモ)



コラム提供:KOIMEMO

外部リンク
●ずっと心地いい関係で!彼氏と仲良く付き合っていく為の心がけとは
●モテは外見が全てじゃない!男から必要とされるいい女とは!?
●恋愛もそれ以外も?逃げていいときとダメなときの見極め方について